いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ!

本日は改正省エネ法について書きましょう。

ご存知の通り、というか知らない人大多数でしょうが、08年5月30日にエネルギーの使用の合理化に関するする法律(省エネ法)が改正交付されています。施行は平成21年4月と22年4月。

京都議定書の目標達成のためにも省エネ法の改正は必要であり、今回は法の適用範囲が大幅に拡大されたものになっているのです。

第1が、従来はエネルギー管理指定工場(第1種、第2種)という区分で、工場単位、事業所単位で所轄官庁へのエネルギー使用状況等の報告やエネルギー管理員の設置が必要であったのが、企業単位に拡大されました。

このことから、従来は指定に入らなかった事業所も同一企業であれば、一網に捉えなければならなくなりました。

それと、特定連鎖化事業者の追加。
これは企業の傘下のフランチャイズチェーン店も前述の「企業全体」に含めなければならなくなったことです。

またテナントビルに対しても従来はオーナー側に義務が課せられていましたが、今回の改正でテナント(店子)にも義務が発生してきます。具体的にはテナントもオーナーと一緒に報告を行わなければならなくなります。

他にも従来は2000平米以上の建築物であったものが300平米以上の住宅・建築物に届出義務を課すこと、他にも共同省エネ事業やセクター別ベンチマーク等改正部分は非常に多岐にわたっています。



さて・・・・・法律が改正されただけでは、実は私たちは全然動けません。



案外法律は大雑把であり、法律を補足するための施行令、施行規則が交付されないと法令対応のための準備もままならない状態になってしまいます。


ちなみに改正省エネ法施行令が交付されたのは12月19日、施行規則に至っては、まだ交付されていません。


前述のフランチャイズチェーンを含めるという話にしても実は含めるべきフランチャイズチェーンの定義すら見えていないのが実情です。(おろらく施行規則に定義付けられることになります。なお、公開されている第12回エネルギー基準部会の議事を見ると、案として報告対象として定義付けられるフランチャイズチェーンの姿が見えてきます。)
ちなみに平成22年4月施行で報告を求めるのならば、報告対象のデータ期間は21年4月からになります。21年4月というと・・・・・・・あら、あと1ヵ月後・・・・・・オイオイ、大丈夫なのカナ?間に合うのカナ?


私たちに部会案を見て、動きなさい!ということになるのかしら?



まぁ、経産省も3月中には施行規則を交付するとは思いますが・・・・・(公布日は3月31日のヨカン)


やれやれ・・・・デス


07年6月の改正建築基準法もそうですが、なんか最近の法令って走りながら考えられている感じがします。それゆえ、法令対応がチョット難しいかな?


このブログを読んでいる人も相当数は改正省エネ法の影響を受けるでしょう。
まぁISO14001とか活動している組織にとっては、事業所が企業全体になっても、あまり影響はなさそうですが・・・・フランチャイズチェーン含む、というのは厳しいかもしれませんね。
もっとも、このフランチャイズは外食産業やコンビニが主たる目線のようですが・・・

あと、この企業全体というのは100%出資子会社は含まれません。

ですので、メーカーの中には、事実上同一企業であるのに子会社扱いゆえに企業全体の枠には入れず、子会社より結びつきが弱いのにフランチャイズ契約や約款の中に指定条項があるため、別法人なのに企業全体の枠に入れられてしまう・・・・・というオカシナ現象が発生します。



企業の皆さん、注意しましょうね。



フフフ・・・・・でも法律って面白いですね。



デハデハ




-----------------------------------------------------





banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております






コメント
この記事へのコメント
これまた、
おかしな法案ですね・・。ようはコンビニのフランチャイズオーナーが製造全般っていいますか、会社全般の責任を認識しなさいって話ですよね。
セブンイレブンのフランチャイズオーナーがイトーヨーカドーの幹部になるような話であって、それは無理ですよ。煙草屋や酒屋のおっさんがセブンイレブンの営業マンにのせられて店をコンビニに変えた。

で、ある日、「売ってるだけじゃなくて少エネ問題、いろいろ考えてね」なんて言われてもね~、わかりませんって!煙草屋、酒屋のおっさんは。以前に売上げで頭がいっぱいですし、そんな役目はフランチャイザーがやるべきことだろってなりますよね。
結局、社会問題(面倒な問題)の責任は弱いところへ押し付けられる、売上げその他もろもろ。日本沈没。
2009/02/27(金) 01:58:54 | モーリー佐東 | #-[ 編集]
初めまして
解りやすかったです。
ありがとうございます。

フランチャイズと100%出資子会社の扱いの違いは、なんだか納得いかないですね~
2009/02/27(金) 08:12:52 | サクセス☆俊明 | #WlxgcjEk[ 編集]
こんに
京都議定書って、いろいろ関わっているんですね。
家の会社はモロ影響でてますが・・・
頑張らないとです。
2009/02/27(金) 10:51:08 | ミウッピー | #-[ 編集]
綺麗なサイトですね
後日また来ます。デハデハ
2009/02/27(金) 16:16:43 | とん太 | #-[ 編集]
はじめまして。
僕も12月までは某建材メーカーの営業でしたよ。
懐かしいですね、改正省エネ法。国交省のガイドラインとか勉強して役所にPRしてましたよ。役所も勉強してないので関連メーカーの方が詳しいんですよね、この手の法律。今はカンケーないですけど。

今後はソーラーシステムとか売れそうですね!ちなみに売っていたのは遮熱商材とか屋上緑化商材です!
2009/02/27(金) 22:52:33 | ガンプラ好きなお父さん | #-[ 編集]
改正?
なのかな?いずみさんの記事を読む限りでは、本当に改“正”?なのかと疑問を感じます。最近は特に、法律の改“悪”が目について仕方がありません。
2009/02/27(金) 23:27:39 | アラレ | #-[ 編集]
偶然ですが、
こんにちは。
昨日(2/27)は改正省エネ法の講習会に参加しました。
私たち工務店は法律を守らなくてはならない立場なので、中味に対するコメントは遠慮しておきますが、基準法改正、建築士法改正、瑕疵担保責任、等々やらなきゃならないことが、かなり増えたのは間違いないですね。
2009/02/28(土) 10:04:09 | おのでら | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://richmond3743.blog112.fc2.com/tb.php/87-a659fd88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。