いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ

約1年前の1月16日になにがあったか覚えていますか?
ありましたよね~製紙会社による古紙配合率偽装事件。
この日、製紙会社各社が謝罪の記者会見を行った日でした

あの事件は相当大きなインパクトがありました。
製紙会社の7割が偽装を行っていたということで業界ぐるみといわれてもしかたない、というものでした。

あの事件までは企業の出版物はけっこう古紙配合率が気にされていたのです。
あの事件からイッキに古紙配合率を問題視する風潮は無くなりました。

製紙会社の営業の方に伺ったのですが、当時から古紙配合率至上主義から認証林の方へ環境的価値を移行しようとしていたようです。
古紙配合率100%(実際には無かったのかもしれませんが・・・・)というのは白色度を高めるために相当漂白を行わなければならず、この漂白には塩素が使われるため、はたしてそれがエコといえるのか???という議論がけっこうあったと聞いています。


イマの時代の紙のエコって何でしょうか?

先のFSC認証林はすっかりメジャーになりました。そしてSOIインクにエコ印刷(インク使用量削減)
いろいろありますが・・・・認証林制度も実際はどうなのかは、私たちにはわかりませんよね。

これは案外古紙配合のときと図式が同じなような気がします。

ISO14001もそうなのですが、認証を得るために企業は案外なんでも行います。
そういう実態を何度も見ているので、ハタシテ・・・・・なんて感じてしまうのです。


非常に素人考えなのですが、廃棄物の世界では「木屑」は非常にヤッカイな廃棄物です。
なかなか再資源化が難しいのですよね。

これら建設系廃棄物の木屑なんかは、紙製造用に使えないのかしら?
(たぶん、ホルム系の薬剤を防腐剤で使われているので使えないと思うのですが・・・)


もっと製造段階で再資源化のことまで考えると、うまくモノ作りが出来たり、循環型社会が出来ると思うんだけどなァ



廃棄物処理法 第3条
(事業者の責務)
第三条  事業者は、その事業活動に伴つて生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。
2  事業者は、その事業活動に伴つて生じた廃棄物の再生利用等を行うことによりその減量に努めるとともに、物の製造、加工、販売等に際して、その製品、容器等が廃棄物となつた場合における処理の困難性についてあらかじめ自ら評価し、適正な処理が困難にならないような製品、容器等の開発を行うこと、その製品、容器等に係る廃棄物の適正な処理の方法についての情報を提供すること等により、その製品、容器等が廃棄物となつた場合においてその適正な処理が困難になることのないようにしなければならない。
3  事業者は、前二項に定めるもののほか、廃棄物の減量その他その適正な処理の確保等に関し国及び地方公共団体の施策に協力しなければならない。


廃棄物処理法も書いてあることはヨイのですが、もっとこの第3条2項を重要視して頂きたい物です。
経済性重視は企業の性ではありますが、こういう部分にこそ国が力を入れて企業を指導していただきたいものです。


認証林制度についてはまた今度・・・・デハデハ



------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。












コメント
この記事へのコメント
古紙配合率偽装事件!
私の仕事は前にも書いたように、環境機械の設計をしています。この事件が発生してからしばらくし、問題の会社の一社で・・製紙という大手の製紙会社に機械を持ち込みテストをしたことを覚えています。製紙会社では、おびただしい・・Naを使用しています。機械の試運転等素手で行ったので、あとで腕等がひどい目にあいました。理由はともかく詐欺は詐欺です!!その工場に行った日はちょうど秋葉原トラック突っ込み事件が有った日でした。
2009/01/20(火) 07:11:35 | bontarou | #-[ 編集]
こんにちはー
そうですよね、製造段階で後のことを、真剣に考えていたら、こんな問題は起こらないんじゃないかと私も思います。企業も廃棄処分のことを考えるべきだと......
法律のことは解りませんが、企業に対して日本国が真剣に対応していけたら改善されるんじゃないかと思います。応援ポチッでーすv-155
2009/01/20(火) 07:35:46 | スーちゃん | #-[ 編集]
衝撃の大きい事件でしたね!!
おはようございます、M.Ishiiです。

古紙配合率の偽装事件については、
昨年の今頃から本ブログで頻繁に取り上げていたので、
よく覚えています(昨年末も取り上げましたし...。)。

この事件が発覚する以前は、
あの有名な食品偽装が発覚したことで
「偽装」というと、原産地や製造日の表示改ざんや
原材料の偽造を想像していました。

再生紙偽装を皮切りに、大豆インクの偽装や
環境省で推奨するリサイクルハンガー事件など
環境の分野にも偽装の魔の手が広がり、
確か、この事件が発覚したときに「環境偽装」という
嫌な言葉まで生まれましたよね。

実は、あの当時、某プリンター機器メーカーに常駐していて、
この事件が発覚後の1/21に社内にあるOA紙の棚卸しをして
問題のある用紙については運び出したのを覚えています。

まさに、リアルタイムに起きていた事だったので、
複雑な気持ちになりましたね。


現在は、今年の年賀ハガキに代表されるように
改善の方向に進んでいるようですが、
真偽の程は如何なものなのか分かりませんよね。

それでは、いつもの応援ポチをします!!
2009/01/20(火) 10:03:38 | M.Ishii | #R10Krhsc[ 編集]
循環型社会
こんにちは

循環系社会に賛成ですが、職場でも分別ルールが厳しすぎて困惑する場面が多々あります。こうして頭を悩ましながらそういう社会が出来上がっていくとは思いますが、まだまだ認識が弱いかもしれません。。

とてもためになる情報をありがとうございます。
2009/01/20(火) 10:14:22 | biki | #-[ 編集]
Re: 古紙配合率偽装事件!
> bontarouさん
こんばんわv-207

製紙会社は化学工場みたいなものですからね。

古紙配合偽装問題も今ではスッカリ人々の記憶から忘れられようとしていますね。
2009/01/20(火) 21:16:43 | いずみ | #-[ 編集]
Re: 衝撃の大きい事件でしたね!!
> M.Ishiiさん
こんばんわv-207

まぁ偽装については企業の性なのか・・・なんて思ってしまいます。

食品も建材も数年前から偽装の花盛りですものね。

結局最後は私たちユーザーがモノを見る目を養うしかないのかもしれません。
ただ、食品偽装とかは感じるものがあり、賞味期限至上主義がある限り
なくならないかなーナンテ感じています。

私だって古いモノより新しいモノの方を選びますものねv-238

2009/01/20(火) 21:20:41 | いずみ | #-[ 編集]
Re: 循環型社会
> biki さん
こんばんわv-207

分別ルールは難しくしてはいけないのですけどネー
誰でも簡単に理解できるように写真を多用して私は分別基準を作っていました。

それでもわからない人にはわからないのですけど・・・・・・悲))v-12
2009/01/20(火) 21:22:38 | いずみ | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://richmond3743.blog112.fc2.com/tb.php/48-f70425b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。