いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんわ!

今回は私が以前追いかけていたネタを書きます。

テーマは「塩ビ」です。

塩ビはポリ塩化ビニルのことで一般的にはPVCとも言われています。

塩ビは価格、難燃性、やわらかさ、安定性 等が優れているためプラスチックの中では他に代替品が無いといわれているくらい優秀な樹脂です。
私たちのみのまわりにも、塩ビ管や塩ビのオモチャ、至るところにつかわれています。

そんな塩ビも唯一の欠点があります。
それが燃やすと塩素ガスが発生すること。
これは金属を腐食させますので、一般的な低温焼却炉では燃やせません。
高温でも塩素ガスは問題視されます。
また燃やすとダイオキシンが発生すると言われています。

特にこのダイオキシン問題で塩ビは経済界から猛烈なバッシングを受け「塩ビをつかわないこと」がエコなことだ、となっていた時期がありました。(ほんの10~5年前のことです)
ダイオキシンはポリ塩化ジベンゾフランとか言って、確かに塩素化合物の一種であり低温燃焼させると発生するそうです。でも近年、ダイオキシンで病気になったとか死亡した、なんて記事は皆さんも見たことが無いと思います。

数年前にあれほど騒がれていたダイオキシン問題ですが、今では誰も問題視しなくなりました。
ひとつは焼却に関する環境が変化してきたことも大きいでしょう。
国は15年ほど前にダイオキシン規制法で焼却炉の規制を行いました。
(具体的には800℃以上の燃焼温度と一酸化炭素の測定などなどを既存の焼却炉に後付けを義務つけた。さらにダイオキシン規制値を新設炉は既設炉比で約10分の1位?まで厳しくした。)
この法令施行で焼却炉メーカーは相当潰れたとも聞いています。(既設炉の法令対応改造費が非常に高価で、ここがターニングポイントになってそれまで事業所内で燃やしていたゴミは皆、埋め立てや再資源化に流れることになりました。つまり焼却炉は撤去されたのです。)

おかしな話で、ダイオキシン規制法施行の数年前までは自治体がゴミを各家庭や事業所で焼却処分することを奨励し補助金までだしていた時期があったのですよね。
今では野焼きなんてしたら犯罪者ですよ。


ただ、この法令の施行により廃棄物焼却の環境は大きく変化しダイオキシンが発生するような燃焼環境での廃棄物焼却はなくなってきて、ダイオキシンが問題視されなくなったのかもしれないですよね。

その中心にいたのは当時、塩ビ製品だったのです。

経済界はけっしてエコだけでは動きません。
必ずそこに市場ニーズ、市民の目線を見ながら動くわけです。

最近の脱塩ビの動きが見られなくなってきたのは、市場が塩ビを問題視しなくなってきたことでしょう。これはマスコミが騒がなくなったことも一因かもしれません。なんたって塩ビはその性能は一級品であり、代替品が無いのです。ダイオキシン問題もクリアされたのであれば、使わないことはないでしょう。

でもオカシな話なのですよ。
ダイオキシン問題では、塩ビを低温で燃焼させると猛毒のダイオキシンが発生する、と言って政府もマスコミもあれだけ騒いだのに国は焼却炉関係だけ規制して塩ビには何も規制をかけなかったのです。

そんな危険な物質ならば、なんらかの規制をしてもおかしくなかったのではないかしら?
でもそれは経済界が許さなかったのでしょう。
日本の工業製品は塩ビの存在で成り立っている部分が多々あります。
塩ビに規制をかけるなんてできる筈もなかったのですよね。

さて今や塩ビの問題点はその再資源化性でしょう。
塩ビ単体で見れば比較的再資源化性は悪くありません。
たとえば、塩ビパイプは相当量が再資源化されているといいます。
塩ビパイプみたいに人目に触れることがあまりなく外観が問題視されない製品はいいのですが、個人ユーザーが購入する製品や外観が問題視される製品はなかなか再資源化がされにくいようです。

一例ですが、塩ビ製品の一般的な製造はペレット化して高温でやわらかくし成型します。特に押出製品はほとんどこの方法です。特徴的なのは塩ビとしての成分的な品質は投入材料で保証しているということ。ですので廃棄された塩ビ製品を回収して分離分別、破砕しペレット化しても実はほとんど使えません。先の通り投入材料で成分品質を作りこみますので廃棄物であった塩ビはどこの会社の塩ビなのか素性がわからないため成分的な品質を保証できないからです。

私は専門ではないのでよくは知りませんが塩ビの工業製品は成分品質よりも機能品質が重要視されるそうです。成分は材料投入段階で保証されているので機能品質が重要なのでしょうね。

さて塩ビのマテリアルリサイクルは難しいようですが、国内ではけっこう有名な会社があります。
コベルコ・ビニループ・イーストという会社が2006年に塩ビのマテリアルリサイクルプラントを完成させ稼動させました。ここは「混合」塩ビを受け入れリサイクルする設備としては国内で唯一の存在らしいです。(他にも沢山あったらゴメンナサイ)これってけっこう画期的だ!と思いました。

こういう技術革新で悪者であった塩ビはだんだん善玉になっていくのですね。

一方でガス化溶融炉というリサイクル方法もあります。これは高温燃焼させ発生した塩素ガスを回収し残渣物は溶融スラグとして道路路盤材やセメント増量材にするものです。
この方法もリサイクル方法としては確立した感がありますが、高温燃焼を伴い膨大なエネルギーを使用するという点や処理費用が非常に高価、という面がありますのでチョット考えてしまいますね。

経済界は廃棄物にお金は使いたくないものです。

安く、安全で、材料として・・・・再資源化は行ってほしいものです。

いつか塩ビも鉄やアルミ同様に普通にリサイクルされる時代がくるといいですね。



技術革新はいつかその高い壁を越えてくれるでしょう。


1月19日追記

上の記事でご紹介している塩ビリサイクル会社なのですが・・・・・
新規受け入れを停止しているようです。(採算性悪化のようデス)
期待していた方々・・・・・・ゴメンナサイ




------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/16(金) 23:45:40 | | #[ 編集]
こんにちわ~w
naomiです。
すっごくお詳しいですね~(^ヮ^)
塩ビはよく主人がボイラーなど水道配管するときなどに使ってるのを見ます。
そんなに優れたものだったとは・・。
2009/01/17(土) 11:36:04 | naomi | #-[ 編集]
環境問題って、全く逆の主張もあって難しいですよね。
「リサイクルしてはいけない」や「科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている」なんて本もあったり、一般人にはどっちが本当なのか、よくわかんない部分がありますよね。
リサイクルする方がかえってエネルギー消費が大きい、なんて主張されると、なるほど、と思っちゃいますし。でもゴミにするのも勿体ないよって気もするし。
2009/01/17(土) 20:49:42 | さく | #neBEUUqk[ 編集]
Re: 環境問題
>bontarou さん

こんばんわv-207

廃プラのリサイクル関係の機械ですか?
分別マシンかしら?
ぜひ分別マシンを開発してください!(←カナリ勝手)

廃プラは分別が出来ていないがゆえに埋め立てられているものがほとんどですよね。
2009/01/17(土) 21:27:31 | いずみ | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> naomiさん

こんばんわ!

ブログいつも拝見しております。
今後も楽しい記事をお願いしますネv-238

2009/01/17(土) 21:28:50 | いずみ | #-[ 編集]
Re: 環境問題って、全く逆の主張もあって難しいですよね。
>さくさん

こんばんわv-207

環境問題って、まだまだ解明されていないのです。
温暖化にしても、廃棄物にしても・・・
LCA自体が確立していなくて、まだ一部しか行われてないものですから・・・・

産業品のすべてに精度の高いLCAが行われれば色々真実が見えてくるかもしれませんね。
2009/01/17(土) 21:31:05 | いずみ | #-[ 編集]
適正価格の見つけ方
楽しいサイトですね。ファンになっちゃいました。価格比較に関する情報を載せたサイトを運営していますので、よかったら遊びにきてください。
2009/02/12(木) 09:57:40 | ゆうき | #-[ 編集]
Re: 適正価格の見つけ方
> ゆうきさん
こんばんわ!

価格比較サイト見せて頂きました。
チョ~ト私にはわかりづらかったかなぁ_??
2009/02/12(木) 20:30:07 | いずみ | #LWgh0z1g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://richmond3743.blog112.fc2.com/tb.php/44-8affd78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。