いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、タイトルのとおりISO14001について今回は語ります。

ISO14001は企業が環境配慮のシンボリックとして、約10年程前からブームになった国際規格です。

ISO14001とは「環境管理活動をP-D-C-Aサイクルで「改善および管理する仕組み」を構築し、運用すること」でございます。
このISO14001の規格の文面は「手引き」となっています。規格文面自体は、「仕組みを構築する為の仕様書」という位置づけです。

ですので、ISO14001の審査登録を得ているからといって、かならずしもその企業が環境に配慮した改善活動ができているとは限りません。構築した仕組みを運用した結果、環境が改善されるものなのです。

先ほど、企業の中でブームになったと話しましたが・・・・

この規格は1996年に策定され、04年の規格改定を経て、現在では日本国内だけで2万以上の企業や組織で審査登録がされています。
審査登録ですので、第3者機関が審査を行います。

でもね・・・・第3者機関といえど、審査で利益を得ている団体なのですよね。
ですので、この審査機関の審査クオリティに大きなバラツキがあるので。

国内のISO14001における審査機関は約50団体があります。
日本品質保証機構、日本能率協会、日本環境認証機構、日本科学技術連盟などなど・・・・・


私が在職していた会社では某審査機関を使用していましたが、ここの評判は最悪でした。
この最悪というのは、審査クオリティが悪いという意味ではないのです。


逆に良すぎる、審査が厳しすぎるという意味です。
企業にとってISO14001というのは、ひとつのブランドでもあります。
ブランドは認知されれば良いのであって、その内容、中身は案外関係無いのです。

ですので審査が厳しく、高い環境管理レベルを要求されたり、環境改善の高い効果を要求されることは本来は「良い」ことなのですが、企業の内部の方々にとっては「良くない」ことなのです。


つまり、審査クオリティの良い、厳しい審査機関は企業にとっては「悪い」ということになります。逆に「審査が甘い」審査機関は企業にとって「良い」審査機関になってしまうのです。




このことは審査機関もよ~く理解しています。



ですので、あくまで規格の本質を理解し、本質を追及する審査機関は非常に審査内容も厳しく、毎年行われるサーベランス(運用確認)では審査クオリティを少しずつUPさせてきます。
逆に企業寄りの審査機関は「審査を甘く」し不適合を一切発行しない審査機関も現実にあります。
ある富士ゼ○ッ○ス系の子会社に行った時には、案内の方に「当社は3年間ISO14001の審査において不適合は1件も発生していません!」と自慢されてしまいました。


そのときは「スッゴーイ!!!」と思ったのですが・・・・・


後になって「あぁ・・・・・甘い審査機関なのネ」とわかりました。
(でも、この会社の環境上の取り組みは私自身、スバラシイ事を行っているナァ、と感じていました




ISO14001は何の為にあるのでしょうか?




組織(この場合は企業)が自主的に環境に関する改善を行い、地球環境を良くする為に行うことなのですよね。



すでにISO14001はそういう意味では、本質を見失いつつあるのです。



この規格は先も述べましたように2万以上の組織(会社等)で審査登録されています。
日本全国で2万以上の組織で環境改善が行われているのならば、当然大資本でもある上場企業はほとんど全て審査登録を受けています。

そのほとんどの企業で地球温暖化をテーマにした改善活動が行われていることでしょう。


でも、京都議定書における日本の目標でもある「温室効果ガス排出量90年比6%削減」という目標は日本においては全く達成の見込みはありません。


いったい、私たちは何をやっているのでしょうか????


コメント
この記事へのコメント
おっしゃるとおりですね。
企業は形式にこだわり、ISO14001を持っていればいい」という考え方が多いようです。

もっと名実を伴うようでなければ・・・・

もう遅いかもしれませんが。
2008/02/24(日) 17:38:23 | いずみ | #0esaa46Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://richmond3743.blog112.fc2.com/tb.php/21-2b888725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。