いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ!

今回はマグロのお話です。どうやらグリーンピースがまた動いているようです。

セレブ御用達の高級日本食レストランからクロマグロ消える 環境団体の抗議で

なんでも著名人が集まる高級日本食レストランで抗議を行っているようですね。 クジラの次はクロマグロ

彼らは日本の文化を攻撃するのが好きなのかしら?なんて思うことはありませんが・・・

なんでもマグロを積極的に食べるのは日本人が多いそうです。
日本人が一番消費量が多いのだそうです。クジラのときもそうでしたよね。日本人って食文化が独特なのでしょう。
論点はクロマグロがどこまで減っているのか???なのですが、これには色々な研究結果があり、当然のように正確なことはわかりません。グリーンピースは絶滅危惧という研究結果ですし、日本はまだまだ大丈夫と発表する。
結局、どちらが正しいのかなんてわからないのです。でも大西洋と地中海では段階的に漁獲量を30%削減しますよね。西欧の方々は自分たちはクロマグロやクジラを食べないのでしょうから・・・・そりゃ、何でも言えますよね。


さて、ここで日本の食文化の存続について考えて見ましょう。グリーンピースの主張は、あくまで絶滅危惧なのだから捕獲の禁止です。これを受け入れると日本のマグロやクジラの食文化が無くなります。昔、私の父や母の時代には学校給食にクジラの唐揚げとかがメニューで出ていたそうです。それが時代が豊かになり、そしてクジラ捕獲反対気運の高まりとともにクジラが食卓に並ぶことは無くなりました。
私は・・・・クジラを食べた記憶がありません。ですのでクジラの捕鯨反対を叫ぶ方がいて、一方で捕獲賛成を叫ぶ方がいる。絶滅危惧が本当ならば、捕鯨反対ですね。だって、食べたことの無いクジラですから・・・・もう私の世代ではクジラを食べる文化が無いのです。グリーンピースの方々はこれでも満足はしません。でも数十年もすれな日本からクジラを食べる文化は完全になくなりますよ。

彼らは私たちから、ひとつの文化を奪ったことになります。

さて・・・・・話はクロマグロです。

クロマグロが相手となると日本人は曲げませんよ。

クロマグロの大トロ・・・・・・・・好きな方が多いですものね。

でも、やがて・・・・・クロマグロを食べる文化も日本から失われるのかしら?

怖いですね。


デハデハ
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
私は一回だけクジラを給食で食べたことがあります。商業捕鯨禁止直前の貴重な体験だったというわけです。それ以来クジラ好きになってしまい、反反捕鯨ですよ。食べ物の恨みは恐ろしい…笑
クジラの中でも絶滅危惧種とむしろ増えすぎの種類があるらしく、生態系に悪影響を及ぼしているという研究もあります。
クジラでもマグロでも正確な調査に基づく計画的な捕獲が肝要ですね。確かにマグロは乱獲気味なので、少し抑制的にならないと本当に漁獲禁止にされかねません。大いに心配です。
2009/05/31(日) 07:57:04 | 高峰康修 | #RAa2TALo[ 編集]
NoTitle
おはようございます。
最近は中国人がマグロを食べるようになって、日本に入りにくくなってきているようですね。
2009/05/31(日) 08:35:51 | 生活防衛隊長 | #-[ 編集]
あー
グリーンピースといえば、名目と活動は環境保護ということで、つじつまが合いますよね。
でも、巨額の寄付をしてる世界的な富豪たちの贅沢なレジャーとの利害がぴったり一致しているのが不思議です。
それに、違法行為も目に付きます。
2009/05/31(日) 14:41:43 | ○ | #-[ 編集]
NoTitle
牛を食べる文化持ち込んで
メタンガスやCO2の排出量増える文化植え込んだの
どこの文化だったんでしょうね?


いずみさん
鯨食べたことないんですねw。。。
私は小学校低学年で鯨の竜田揚げが出た最後の世代かもw。。。
2009/05/31(日) 14:51:08 | コウ | #0zP8qUP2[ 編集]
食文化
こんにちわぁ~いずみさん^^

日本の食文化が、制限されていくのは、哀しいですね。
クジラもマグロも、美味しくて大好きです~。・゚・(ノД`)・゚・。
日本のマーケットから、マグロがなくなりませんように♪

あ、googleのページランク、上がったのですね?
オメデトウ(^▽^)ゴザイマース~\(*T▽T*)/
2009/05/31(日) 18:09:45 | glassmask | #-[ 編集]
NoTitle
給食でくじらの竜田揚げを食べた世代です。
おいしかったと思います。
なにせ昔のことですから・・・
まぐろもそのうち食べられなくなるのかな?
2009/05/31(日) 23:48:55 | おいどん | #-[ 編集]
はじめまして ブログ訪問ありがとうございます
はじめまして
いずみさん、笑顔が素敵な写真ですね。
笑顔は素敵な出会いのキーワードですから、あなたの写真から、アプローチの大切さを教えていただきました。
記事の内容も頻度も含め、気に入った次第。
これから応援します。頑張ってください

【・クジラを食べた記憶がありません】
⇒ そうですか?びっくりです。鯨は今でも調査捕鯨の名目で食することが出来ますよ。
私は今でもちょくちょく食べています。
いずみさんの言われるとおり、マグロを食べたことがない。なんて世代になりかねませんよね。
牛を大切にする国は牛が駄目!鯨が駄目!
でも、生きとしいける全てのもの、特に人間さまは、あらゆる生き物を食しなければ、生きていけませんよね。
悲しい性(生)なのに、自分目線の(エゴと慣習)物言い、困ったものですね。

ブログ訪問と、いずみさんの思いの一部を頂きました。

ありがとうございます

又、クメールの世界へも、ようこそ
2009/06/01(月) 12:22:27 | クメール伝道師 | #-[ 編集]
追記
あっ忘れ物です。 追記します
自己紹介としまして、私は、ISO14000とISO9000の審査員の資格を持っています。素人に毛が生えた程度ですがよろしくお願いします。
本業は、人を活かし育成する仕事をやっています。

で、いずみさんの 素敵な笑顔の話しをさせて頂きました。
補足させていただきます。
2009/06/01(月) 12:31:49 | クメール伝道師 | #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/02(火) 22:41:06 | | #[ 編集]
彼らの資金源
「グリーンピース」は、いったい、どこから資金を援助されて活動しているんでしょうね? 私はそれこそが問題だと思っています。どうしても、その背後に、ある集団のニオイが感じられてならないからです。
ま、それはさておくとして、クジラを捕獲して食べる食文化は、J.W.Nicoleさんが言うように、尊重すべき日本の文化です。油を取るために、食べもしないクジラを殺しまくってきた人たちに、文句を言われる筋合いはない、というのが正直な感情です。

マグロについては、いささか節操なく食べ過ぎている、という感が否めません。よその国の海まで出かけて根こそぎ漁獲してくるというやり方には、魚好きの私でも、さすがに抵抗を感じています。
そもそもマグロなんて魚は、かつては下魚であった魚。もっとおいしい魚が、日本近海にはいっぱいいるのに…と思うのです。
どうしてもマグロを…というのであれば、本格的に牧洋型の養殖を研究してみるべき時代だと思いますね。
いずれにしても、おいしい魚なしには、日本人の食卓は考えられないのですから。
2009/06/02(火) 23:24:24 | 哲雄 | #-[ 編集]
NoTitle
はじめまして。
鯨の問題もマグロの問題も整理して考えたいですね。つまり、それぞれ種類によって条件が違うわけで、マグロの一部には養殖されているのもあります。それを一律に保護の賛成・反対とは言えないでしょう。
2009/06/09(火) 04:32:17 | IsshinTasuke21 | #QAYCumPY[ 編集]
はじめまして。
はじめまして。
最近ブログをはじめたので、お勉強させて頂こうと
色々な場所に伺わせて頂いています。

昭和47年産ですが、クジラは食べてましたね。
今でも高知、和歌山あたりの魚屋さんには普通に
クジラ肉は並んでいましたし、食するご家庭も多いです。静岡の一部地域ですとまだイルカも水揚げされているかもしれません。味はクジラと同じ感じです。どちらも鯨類ですから当然ですが。

以前、捕鯨大反対のオーストラリア人の知り合いにこんな質問をしてみました。「クジラが養殖できるとしたら、それを食する事にも反対なのか?」答えは反対でした。 「牛や羊、ヤギならOKなのに?」   
ヤギとクジラは遠い親戚なのに・・・。

ボクのホームグランド「小笠原諸島」ではウミガメ(アオウミガメ)を食べる習慣があります。カメ刺身とカメ煮込みで頂く事が多いです。刺身はサッパリとした馬刺って感じ。煮込みの具は内蔵がメインなので、少しクセがあり、調理する方によってカナリに味が変わります。

クロマグロ(本マグロ)も牧羊技術の向上で、商業ベースにのるくらいには成長している話しを聞きました。奄美大島などは有名ですよね。

マグロも肉(特に牛)も中国の方達に気に入られてからはアッという間に消費量が世界一になる勢いですね。総人口がケタ違いですもんね。

本マグロほどに巨大化したものは、むかし下魚(美味しくない・価値がない)魚として扱われたらしいですが、まだ若いメジマグロ(本マグロの子供時代)などは近海を回遊するのでカツオとともに人気もあり食されていた・・・なんて話しを聞いた事があります。本マグロのサイズ(500kg超えるものもいますから)を鮮度を保ったまま水揚げする事が出来なかったのが理由ではないか?との説もあるようです。同じ理由や漁獲方法の進歩で魚の価値は相当変わったものと思われます。

なんだか長々な書き込みになってしまいスイマセンでした。また覗かせていただきますね。失礼致しました。
2009/06/10(水) 00:14:26 | ポッキー | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://richmond3743.blog112.fc2.com/tb.php/167-76eedf17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。