いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんわ!
来週の5月26日より東京bigサイトで「環境展」が行われます。 公式はこちら! 開催日;5月26日~29日 この環境展、言葉のイメージとはだいぶ離れていて・・・・・・(ヤバいかしら?) どちらかといいますと廃棄物処理技術の展示会の様相です。 確か数年前までは廃棄物なんとか展とか言ったと思いました。 でも今回は私は行くつもりですよ。 色々写真も撮影してきます。 私は廃棄物関連は専門に近いので・・・・・・ 昨今の廃棄物処理儀技術にも非常に興味を持っています。 特に塩ビ系廃材の処理はなにか良い技術があるといいなぁ、と思っています。 (特に軟質塩ビ系) 現在、塩ビ関連の再資源化技術は・・・・ マテリアルリサイクルでは破砕して再度原料化する方法。 細かくして暖めてバージン材に混入する方法ですね。 この方法は、今の塩ビリサイクルの主流です。 でも、この方法ですと製品に近い素材でないと再資源化が受け入れられないという困った状況もあるのです。もっとも盛んなのは塩ビ配管や電線被覆ですね。 次はサーマルリサイクルによる溶融スラグ化でしょう。 燃焼に伴う塩素ガスによる設備の腐食はすでに克服されているようですが、まだまだ一部の大手さんでしかできませんし、処理価格も高いものがあります。 (でも最後の手段としての、「困ったときのJFE環境さん頼み!」で、ほぼ何でもリサイクルしてくれます) さて、最後は塩ビリサイクルの大本命、溶剤分離によるリサイクルです。 千葉県富津にはコベルコビニルイーストさん(コベルコ系企業です)の塩ビ溶剤分離式によるリサイクル工場があるのですが・・・・ ・・・・・受け入れを止めている・・・・かな? 少し前に私が電話でアポをとった時には受け入れを停止している話がありました。 塩ビは使い勝手が非常によいのですが・・・・・10数年前位の塩ビ製品には相当な確立で「鉛」が混入されています。この鉛が現在の塩ビ再資源化を阻害している要因のひとつになっています。 このコベルコビニルさんの溶剤分離リサイクルには期待していたのですが・・・・・・・ 泣泣泣!!! チョット先を走りすぎていたようですね。 今なら・・・・・・と思うと・・・・ そんなこともありまして、今度の環境展には期待しているのデス!!!! ぜひ皆さんも行ってみましょう! 勉強になること沢山あると思いますよ! デハデハ よろしかったら相互リンクしましょ。 ぜひ是非お待ちしております
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/21(木) 17:27:56 | | #[ 編集]
レポのお願い!!
いつも興味しんしんにブログを覗いております。
環境展に関して是非、ブログにUPしてくださいませ。
私も、持っている情報が一方通行だったり、古かったりしておりますので、リサイクル関連の情報が凄く欠落しているのです。塩ビ関連のリサイクル法など、普段から気にしていて、どうなっているのか調べようと思っていたちょうどその矢先だったのです。
私は北海道在住なので、東京で行われる展示会とかはなかなか行く機会がありませんので、いずみさんがレポしてくれると、大変うれしいのですけれどもね…。
JFEさんって、環境関連機器に強いのですか? その背景なんかも、教えて欲しいです。一時期この環境リサイクル機器には大手がどど~と参入しましたけれども、その後に関して、情報が分からないでいるのです。
めんどくさいでしょうが、リサイクル問題一刀両断でお願いいたします。
色々教えてください。これからも期待しておりますよ。頑張ってください。
2009/05/21(木) 22:38:09 | shincyan_98 | #dvizwJLQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://richmond3743.blog112.fc2.com/tb.php/160-efa5f442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。