いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<わからない用語がありましたら「ヤフ」て見て下さいネ  >

イヤー問題になっていますねー
製紙業界の古紙配合率が「偽」であった!
日本製紙のマスコミ発表を皮切りに主要製紙会社のほぼ全てが古紙含有率を偽造!

これまで環境問題の優等生と言われてきた製紙業界は、「うそ」で塗り固められていたのですね。悲しいワァ。

最近の製紙業界は少し変だったのですよ。
製紙会社の営業の方々は皆が皆、古紙配合率で営業トークしないのですよね。

日本製紙さんや大王製紙さんなんかは、認証林によるバージンパルプ含有ペーペーを推奨していたのですよね。



「もはや古紙配合率で環境の優劣を決める時代ではなにのですよー。
 今はFSC認証林の時代でしょう~」



そんなことを言われていたこともありました。
今思うと・・・・・会社の方から古紙含有関係から認証林用紙に世間の目を切り替えようとしていたのかもしれませんね。




でも、こうなってしまいますと認証林制度なんてのもアヤシイわね。
本当に認証林なんてものが存在するのかしら???


そう思われても仕方ないわよね。
皆さんはどう思います?



さて、「紙を買う」って普段の生活の中ではあまり無いのよねぇ。


ま、プリンター用の用紙位じゃないかしら?
コピー用紙は色のノリが悪いのでカラー印刷用の用紙を買うでしょ。
そうすると古紙配合率って全然関係ないわね。

でも会社では違うわね。
私も会社で広告媒体を作成とかしていましたけど・・・・

環境配慮をアピールするために古紙配合率は80%以上にしていたし。
認証林制度の用紙を使ったり・・・・


気を使っていたわ。
でも、そんな気遣いは無駄だったのね。



どうしよう。
お客様に「この古紙配合率もマガイモノなのでしょうかね?」なんて聞かれたら?




ま、そんな会社も辞めてしまいましたけどね。



ふふふ・・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://richmond3743.blog112.fc2.com/tb.php/16-49821a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。