いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ!

本日は「地球の意思」についてお話しましょう。




世界の人口って何人かご存知かしら?

答えは・・・・・ここ!

けっこう人っているのですね。



この一覧を見ると、なんと我が日本は人口数が第10位です。





一方の国土面積は・・・・・・ここ!



う~ん、日本は小さいのですねェ。

これだけの人口が世界にいるのですから・・・・

人口密度で見ると・・・・ここ!


さて、環境問題は自然が引き起こしているものではありません。
人類の活動が引き起こしているもの、と定義してもよいでしょう。

だって自然に発生する問題だったら、それは地球の意思ですから・・・・
人に不都合な問題だって克服しなければなりませんよね。

66億人の人口・・・・これはたぶん多いのでしょう。
今から半世紀前には、この半分しか人口はいなかったと何かに書いてありました。

2倍も増えているのですね。


そして、このままいきますと半世紀後には、また2倍になっているのでしょう。

温暖化も酸性雨も砂漠化も人類の経済活動が引き起こしているのならば・・・




人口が増えることは環境問題の悪化に拍車をかけていることになります。





はたして・・・・・医療の進歩は地球にとってよいことなのかしら?
貧困の救済として医療支援とか行うことは、よいことなのかしら?
(なんて言ってしまうと、生命を軽くみている!とお叱りが・・・・・)


貧困の救済はすべての人類に平等の権利を・・・ということですよね。

犬や猫の不妊治療があるように、花粉を飛ばさない杉がバイオテクノロジーによって開発されているように・・・・



人間も、その繁殖に制限をかけないと生き残るのが難しいのかもしれません。


その自然的作用が、もしかしたら先進国に発生している人口減少なのかもしれません。
そして地震、津波などによる自然災害の多発なのかもしれません



すべてが地球の意思ならば・・・これからも人口が大きく減る「何かが」おこるのかもしれないですね


地球の意思 VS  人類の英知


果たして勝ち残るのはどちらなのかしら???




答えは、もしかしたらもう出てしまっているのかもしれません。



デハデハ



-----------------------------------------------------






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております
コメント
この記事へのコメント
残念なお話ですが、
 結果はすでに出ているようです。
科学的理論からすると、地球が耐えられる人口と
いうのが90億だそうです。
で、いま、え”っ!66億までいってるんですね!

僕がそれを知った時は60億の人口で、
70年代の30億が30年で倍になって、単純に
計算すると2030年には90億に達するんですが、
今の推移でいくと10年後~20年後だろうという
科学者もでてきています。
10年後って来年じゃん!それはないと思いますが、
科学者の言うことなので、信憑性はありますよね。

来年はともかく、2030年までには間違いなく、
天変地異はあると、占い師だったら信じませんけど。
すでに6億人増えてるのに驚きです。
2009/03/17(火) 06:32:48 | モーリー佐東 | #-[ 編集]
わかるような気が・・・^^;
こんにちは^^
お昼にお邪魔しました!

人類はすでに繁栄しすぎましたね、たしかに。
かつおも、いつかの記事で書いた記憶があります。
たぶん近い将来、地球の意志により生命シェアの調整を行ってくると!

かつおの考えでは・・・
ずばり!ウイルスです!
ことあるごとに・・というか定期的に起こりますね!
このバイオハザードは!

発生スパンから・・・スペイン風邪からだともうそろそろです。。おそらく科学がいくら進歩しようが抗えないでしょうね^^;おーこわ~

それでは、またで~す♪
2009/03/17(火) 13:05:23 | かつお | #-[ 編集]
みなさん、こんばんわ>

増えすぎている人口に対する地球の意思が確かにあるのかもしれませんね。
過去には大繁栄を誇った恐竜の絶滅もそうでしょうし、人間にも手痛いしっぺ返しがあるのではないかと思っています。

コワ~
2009/03/17(火) 22:47:47 | いずみ | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://richmond3743.blog112.fc2.com/tb.php/106-67c66827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。