いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ!


本日は普段の行動の中でできる「エコ」な行動について話しましょう。
環境のプロの方には物足りないかもしれませんが、一般の市民の方々には
もしかしたらチョット新鮮味があるかもしれません。

普段私たちはあまりエコについて考えることはしないと思います。
たとえば、最近でこそ、当たり前になりつつあるスーパーのレジ袋をもらわない行動も
なぜ、それを行うのかしら?
レジ袋はビニールです。これは化石燃料を原材料として作られています。
脱化石燃料の観点、そして製造時に排出されるであろうCO2等の観点から
スーパーのレジ袋を「もしなくすと」化石燃料の削減量が計算できます。

その結果につながるからこそ、私たちはエコバックを持参し、レジ袋を「お断り」するの
ですよね。

でも、いいんです。最近のスーパーはレジ袋1つに5円を課金するところも増えてきました。
有料になると・・・・運搬のための袋は5円の価値があるのかしら?
と考えるようになり、結果として5円をケチるために皆エコバックを持つようになります。

それでもいいのですよ。

エコな活動は、その活動を行うことにより、私たちにメリットが出ないと日常の中ではモチベーションを維持できないと思います。


なぜ、省エネな行動をとるのか、なぜ省エネ機器類を選択するのか?

その省エネ機器を選択すると、CO2の削減につながるから・・・・なんて考えながら、
わざわざ料金の高い商品を選択する人はいないでしょう。
その商品を選択すると、使用段階で電気代が安くなるとかの私たちへのメリットがあるから・・・・

でもいいじゃないですか!

経済原則の中ではユーザーにメリットを与えられないものは必ず淘汰されてしまいます。
それはエコでもなんでも同じです。

そのような意味でチョット厳しいのが部品点数を減らして「エコです。」と主張される商品でしょうか?
こういうエコ商品って案外あるものです。
部品点数を減らしても私たちにはメリットが見えないのですよね。
それはあなたの会社にとってエコなのですよね!
・・・・・・なんて大層なこといえる身分ではありませんが・・・・



さて、身近なエコといいますと。
料理方法でもあると思います。
コトコト煮込む料理はトロ火で長時間がセオリーではありますが・・・・・
シチューとかそうしますよね。

ここはやっぱ圧力鍋でしょう!
圧力鍋を使うと、このコトコト長時間を大幅に短縮できます。
まぁ味は・・・・・・・・素人レベルの料理ではあんまり変わらないのではないかしら?

お肉とかメッチャ柔らかくなります。
まぁプロの方に言わせると、「それは違う!」とお叱りを受けそうですが・・・
まぁいいじゃないですか!

圧力鍋ってそんなに高価でもないし・・・・でも圧力がかかるので注意はしなければなりませんね。

破裂してしまったら(最近、そんな事故があったようです)全身大火傷は必至デス。



前回ご紹介しましたカレーの時は使わなかったのですが・・・・
いつもはカレー、シチュー、牛丼(スジ肉を使う)とかは圧力鍋が絶大なる威力を発揮します。


これも、少しはエコな行動なのではないかと思っています。


エコを極めんとすると、ともすれば人類皆、死滅せよ!なんて過激な発言も聞こえてきますが・・・・・・・・


できることから少しずつ行いましょう。


たぶん・・・・・・私たち市民にはそんな小さなことの積み重ねこそが大事なのだと思います。






デハデハ



-----------------------------------------------------






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております






コメント
この記事へのコメント
そうですね、
一般庶民が出来る、小さいことの積み重ねしかエコ対策は難しいでしょうね。

企業に求めても、例えばネットを中心とした通販がこれだけ需要があれば、当然納品にはビニールであったり発砲スチロールであったりとかを使用するわけで、そうでなくても家電屋さんが製品を自宅まで届けるのにもそうですよね。

「エコ対策により配達商品はすべて梱包せずにお届けすることになりました」。
いくら慎重に配達されたとしても、傷ひとつないとしても、客はいい思いはしないでしょう。「高価な商品を裸で持ってくるなんて・・」

コンビニがレジ袋を有料にしなくても、セブンイレブンは好業績を上げている。結局は企業側も庶民もエコに対する意識がまだまだ低いということではないでしょうか。
2009/03/11(水) 14:17:17 | モリ | #-[ 編集]
こんばんわ。

確かに、出来ることの積み重ねしかないのかも入れませんね。

色々と、難しいことばかりですが、ちょっとずつ・・・

思いついたときだけでも、ちょっとずつ・・・
2009/03/11(水) 22:56:23 | アラレ | #-[ 編集]
リンクしていいですか?
いずみさん、こんばんは。
最初はあし@を辿ってきてたのですが、
エコのことで勉強になると思ったので
ちょくちょく訪れさせていただいてます。

私も一般庶民のできるエコは難しいこと抜きに
自然とエコになってた方がいいと思います。

買い物で気付いたらエコなものを手に取れるような
社会の仕組みへの環境を整備するのが国や企業で、
その方向へ行くように環境のプロと呼ばれる人は
ムーブメントを起こすきっかけを作るようにする。
その結果ムーブメントからエコに気付いて
私たちの当たり前の常識になればいいと思います。

今できる小さなことでも続ければ習慣になりますね^^
私もエコに対して少しずつですが積み重ねてきて
当たり前にできるエコが増えてきました。

よかったらリンクさせていただけますか?
できれば相互してもらえると嬉しいです^^
2009/03/11(水) 23:26:38 | macoto | #/L4IsrVk[ 編集]
みなさん>
こんばんわ!

日常のエコ活動はケッコウ難しいです。
そこに効果を求めてしまうと・・・

ですので自己満足的に考えています。
ただ・・・・いつか・・・・・なにかのキッカケで
市民の間にも・・・・

CO2よりも化石燃料枯渇とかで認識が高まるのかもしれないと思っています。

あとは、酸性雨とか・・・・

結局は私たちの日常生活の中で実感できないとエコ対策は進まないのですよ

温暖化はそれだけ私たちの日常の中で認知されているということなのですよね。

2009/03/13(金) 22:52:34 | いずみ | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://richmond3743.blog112.fc2.com/tb.php/100-30a09268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。