いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オハヨウございます!

いきなり発生した台風に地震と今年も相変わらず気候がオカしいようです。
いわゆる気候変動というものでしょうが、梅雨明けが非常に不明確になってしまいました。

なんでも南方の高気圧勢力が発達せず、梅雨前線がずっと残ってしまっていたのですよね。
東北では梅雨明け宣言が無いそうです。

さて気候変動といえば温暖化ですが・・・・
温暖化を防止緩和するために世界や日本はどのようなことを考えているのかご存知でしょうか?

昨年の洞爺湖サミットでは「2050年までに温室効果ガスを50%削減する」という目標を採択していました。サミットですのでG8の国々が同意しているのですよね。
そして今年のラクイアサミットでは、さらに目標数字が高まり「2050年までに温室効果ガスを80%削減する」という目標を支持する、というものになっています。
温室効果ガスの削減にはエネルギー政策と深い関わりがありますので・・・・
発展途上国の各国は相当反対しています。
先進国はこれまで散々エネルギーを使い放題使って発展してきたのに、発展途上国が使おうというときに制限するのか!?
ということです。

そりゃ一言もありますよね。


一方、日本の状況はどうなのかといいますと、今年の6月10日に麻生首相により「2020年までに05年比15%削減する」という目標が発表されています。
(でも90年比で見ると8%減なのです)

あら?京都議定書目標は90年比6%減なのですよね。
私なりの考えですが・・・
結局、この京都議定書目標は全然達成できない状況になってしまっているのでしょうね。
京都議定書目標からわずか2%しか上乗せできていないのですから・・・

でも05年比で見ると15%減、というのは05年が経済的にも活性が高く、ベントマークとしては最悪の状況なのでしょう。ですので削減幅を大きく見せるために05年を基準年に変更するという暴挙に出たとしか思えません。
(それなりの合理的な理由もあるのでしょうけどね)

まぁ日本の中期目標は、たぶん・・・・・・・達成できる確立は低いでしょう。
でも長期目標には面白い方策がたくさんあります。
ちょっと古い話ですが、環境省は「脱温暖化2050プロジェクト」という研究組織を編成して 2050年までに温室効果ガスを70%は削減できるのだ!と読みきっています。

このプロジェクトの報告書の中には12の削減方策があり、かなりリアリティのある方策が ならんでいます。ただリアリティがありすぎるがゆえに・・・・・・
その程度の発想しかできないのかしら?とも思ってしまいます。
ま、読めない未来の話なのでこれは仕方ないのでしょうね。
その方策の中には脱化石燃料が当然のように含まれています。
あら?電気自動車も一般に市販される時代になってきたじゃないですか!
燃料電池も家庭用が発売されているし・・・・(水素ではありませんが・・・・)

けっこう未来技術には期待できるものがあるのですね。

デハデハ
スポンサーサイト
こんばんわ!

薬物依存が芸能界に蔓延していますね。

さて・・・なぜ麻薬が犯罪なのかといいますと・・・単純に法律で規制されているからです。 なぜ法律で規制されているのかといいますと、それが常習性、錯乱、精神障害を引き起こすからですよね。暴力団の資金源にもなっているし、よく麻薬欲しさに犯罪に・・・・なんてなってしまっています。

さて、のりピーですが・・・・

ダンナさんの逮捕には捜査5課が動いていたという記事もありました。
いわゆる組織犯罪対策部ですよね。暴力団関連の対策部門です。
ダンナさんが職務質問を受けて、のりピーが現場に到着して・・・・・
のりピーは「子供がいるので・・・・・」ということで任意同行を断ったのですよね。

これスッゴイです。
任意同行なので断れるのですよね。

さて、そこから忙しいです。
子供を知人に預け、現金を数十万円引き出し、子供を預けた知人にお金を振り込み手紙を送ったそうです。

そしてのりピー本人は・・・・・・失踪?逃亡?

記事では知人宅にいて、TVを見ていたそうです。
逮捕状が出たことをTVで知って、ダンナさんの弁護士とともに出頭。

現在に至るわけですねぇ。

なぜ6日間も雲隠れしていたのでしょうか????????

一説には1週間程度で覚せい剤の検査(尿検査)には反応がでなくなるといいますし、
のりピー記事では確かに尿検査での反応は無かったそうです。

でも毛髪検査では反応は消せないそうです。
丸ボウズにするしかないのですね。

一般的に尿検査で反応が出ない覚せい剤の単純所持で初犯ならば執行猶予だそうです。
のりピーの場合、所持でもないので起訴されるかも難しいらしいです。
(起訴については数日もすれば結果はでますよね)


・・・・・・・ということは・・・・・・・

やはり尿検査結果でシロを獲得するための「逃亡」だったのでしょうか?
それとも記事にあるように「気が動転して・・・」ということなのでしょうか?


これはのりピーの女優としての真価が発揮されるところですね。


それにしてもダンナが捕まり、弟(ヤクザ?)が覚せい剤で捕まり・・・・・・

のりピーってこれまでのイメージとは全然違う、かなりダークな方なのですね。
・・・・とみんなも思いますよね。

数日前には押尾学サンも薬物で逮捕ですし・・・・・これは死人まで出ています。
もう、誰も話題にすらしませんが・・・

のりピーよりずっと重大ですよね。


芸能界って怖い世界なのですね。


一般人でヨカッタなぁ・・・なんてシミジミ思ってしまいます。

さて政府の官房長官でしたっけ???
芸能界に蔓延する薬物依存を一掃する旨の発言がありました。
某記事によればのりピー夫妻と親交の厚いE夫妻とか・・・・の名前が出ていましたね。
E夫妻って・・・・全然隠していませんね。

薬物一掃!!!国は警察の動きは今後も目が離せませんネ
なんかドキドキしちゃう



デハデハ
おはようございます!

台風9号が昨日、いきなり日本の近くで発生しました。
こんなこともあるのですね。

j.jpg

ニュースの予報では関東直撃のようです。
お仕事は明日までなのですが・・・・
明日も雨の予報です。
遊びに行くのデスけどねぇ。

サエませんね。

昨日は大きな地震もありました。
ちょうど街中を歩いていたのですが・・・・

「あ・・・・・めまいが・・・・・・」

違います!地震です!

今年の夏は冷夏なのだそうです。
毎日暑いのですが、曇りが多く、しかも梅雨が長く・・・・・

押尾サンものりピーも薬物逮捕だし・・・・・
世の中オカしくなっていますね。

デハデハ

こんばんわ!
さてさて・・・「え??こんな法律があったのですか?」というのが今回のタイトルです。

「環境配慮契約法」

法律の概要
(1) 基本方針の策定とそれに基づく契約の実施
国は、国及び独立行政法人等における環境配慮契約の推進に関する基本方針を閣議決定し、同方針に基づき契約を推進するように努める。
(2)ESCO事業に係る国庫債務負担行為の年限の延長
省エネルギー改修事業(ESCO事業)の実施に当たっては、国庫債務負担行為の年限を従来の5年間から10年間へ延長する。
(3) 契約実績の公表と環境大臣の要請
各省各庁の長及び独立行政法人等の長は、毎会計年度終了後、環境配慮契約の締結実績の概要を取りまとめ、公表するとともに、環境大臣に対して通知する。環境大臣は、特に必要な措置をとるべきことを要請することができる。
(4) 公正な競争の確保等
国等は、環境配慮契約の推進に関する施策の策定及び実施に当たっては、公正な競争の確保に留意するとともに、温室効果ガス等の排出の削減等に関係のある施策等との調和を確保する。
(5) 電力の購入契約
国及び独立行政法人等の電気の供給を受ける契約は、当分の間、二酸化炭素の排出係数等の入札参加資格を定め、その資格を満たす者の価格によって落札者を決定する「裾切り方式」を採用する。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・知りませんでした。

ま、シンプルな法律ではありますが・・・・
文言を見る限り、悪い法律ではなさそう。

でも認知度が低いのですね。
このブログの読者様の中で、どれだけの方がこの法律を知っていたのかしら?
私も知りませんでした。
この法律・・・・一般企業にはほとんど関係ありませんものね。


認知されない法律なんて意味が無いですね。
守られない法律も意味が無いですよね。

罰則は無いのでしょうが・・・・・
この法律を守っていなかったらそれは法令違反なのですよね。

関係者の方々は皆、守りましょうね!!!!


だって法律だモン!


デハデハ

こんばんわ!

昨日に引き続き、日産リーフのネタです。

EV車がにわかに脚光を浴びる時代になってきたのですが・・・・
充電はどうするのでしょうね。

ちょっとリーフはわかりませんが、今では住宅側にEV車用の家庭用充電装置を装備している住宅が販売されています。

こんな住宅も現実に販売されています。
いわゆる自分の家で充電できるのですよね。

一方、インフラとしては急速充電できるスタンド(ガソリンスタンド???)を来年までに全国で100箇所にする計画なのだそうです。

ただ急速充電でも30分で80%充電なのだそうで・・・・これではまだまだ厳しいですよね。

そんなこんなで・・・・・・バッテリーそのものをリースにして車両価格を抑えると同時にスタンドで交換してしまうという方法も検討されているようです。
あ!もう残りが少ない!・・・・・となったらスタンドで満タンバッテリーに交換なのだそうです。

なんか、色々なビジネスチャンスがありそうなのですね。

次世代カーは、一発当たればメーカー間の勢力図すら塗り替えてしまう爆発力を持っています。

プリウスは既に政府補助に間に合わないくらいの注文が入ってしまっていますし・・・・・・

これからはEV車ですよ!
あとは車両価格次第ですね。

三菱自動車は400万円以上でチョットお高いですから・・・・・
300万円以内に抑えることが出来れば日産自動車は天下をとることも可能になるのではないかと思っています。

カルロスゴーン社長!がんばってください!

デハデハ

こんばんわ!

お久しぶりです。少しサボっていました。
色々忙しくて・・・・・・汗アセ)))

さてニッサン自動車がEV車を発表しました。 名前は「リーフ」

発表会には各界の重鎮も出席したようですね。

いよいよ、脱石油社会に向けて世の中が動き出した感じです。
EV車のネックはその走行距離ですが、リーフは満タン充電で160km走行可能だそうです。

そして急速充電30分間で満タンの80%まで充電可能とか・・・・

ついにEV車、電気自動車が実用化され街中を走るのです。
これからの10年間は電気自動車普及一色になってしまうのではないかしら?


さて・・・・・一方のハイブリッド陣営は・・・・・・・

トヨタ自動車はどういう動きをするのでしょうね。

当然、EV車も開発は行っているでしょう。

まさしく電気自動車の開発競争が始まり、市場にどんどん投入されてくるのです。
来るべき時代がやってくる予感プンプンですね。

10年後にはどのような世界になっているのかしら?

きっと10年後には排気ガスが原因の光化学スモッグとか起こらなくなっているのですね。




それはキット素敵な未来の社会に違いありません。

デハデハ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。