いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ!

本日は、へ~そうなんだぁ、あ、なるほど~というお話をします。

つい先日、某シンポジウムがありまして、このなかで東京農大のセンセイがおっしゃっておりました。


このセンセイの講演のテーマは「森林と地球温暖化」

いわゆる地球温暖化を防止するために森林をどうすればいいのか、というのを歴史的観点を含めて講義をされていたのです。



さて、森林が消失されてきている・・・・・と言われて久しい気もしますが、確かに世界の森林は陸地の3分の1程度になってしまっているそうです。これは確実に森林面積が減っており危機的な状況であることは皆さんもご存知かと思います。
その原因はいわゆる、違法伐採や用地転換などのよるものでしょう。

では日本の森林面積はどうなのでしょうか?これも大きく減っているのでしょうか?
このセンセイいわく、日本の森林面積は今の現代が最高に増えている状態だ、というのです。

というのも江戸時代位から明治中期までは日本の山はほとんどハゲ山だったのだそうです。


さまざまな文献などを見ても、森の木が豊か・・・・という状況ではなかったそうです。
それを人間により植林していった結果、緑豊かな山々になっていったのだそうです。


へ~~~~~~~~~~~~



ということは、日本の森林は減っていないのですね。
では、さぞかしCo2削減に貢献しているのでしょうね。


ところが・・・・このセンセイいわく、

樹木(スギやヒノキ)がその木自体にCO2を溜め込むのは樹齢20年程度までで、あとはCO2的にはほとんど役立たずになってしまうのだそうです。

これは樹木の老齢化により成長が止まるからです。
成長が止まった樹木は生きるために呼吸をするだけで、CO2的には昼間はCO2を吸収して光合成を行い、夜間は逆にCO2を吐き出します。

まさしく呼吸であり、Co2は減らないのですね。

・・・ということは・・・・・老木がたくさんあっても、温暖化は無くならないのです。

老木は、その体にたくさんのCO2を溜め込んでいますので、その状態で切り倒し活用する。
その後には、植樹をして若い樹木をたくさん育成する。

樹木が育つ過程で、森林の奥、木の根元まで太陽の光が入るように間伐をする。

これが樹木によるCO2削減の方法論になるということです。

ただ、植樹は日本の場合、国土面積や効率の面であまり効果的ではないそうです。
まだ間伐の方が効果的だそうです。


うん!そういえば、私も前は間伐(というより草刈)のボランティアに行きました。
そうそう、そういうことを言っていましたよね~


やはり森林整備はとても重要なのでしょうね!


デハまた・・・・



------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております

スポンサーサイト
こんばんわ!

本日は、きた~~~~~~~~という感じのお話をします。

タイトルどおり「エコアクションポイント」です。

「そんなの聞いたこと無い!」という人は遅れているゾ~~(なんちゃって)

たぶん聞いたこと無い人が大多数でしょう。


i_02.gif


この制度の詳細は、ここをクリック!


↑なんと天下の「環境省」です。


要約しますと、環境配慮商品を購入頂くと、ポイントが付与されます。そのポイントを貯めると素敵な景品とかと交換できます
というものですが、イメージ的にはヨドバシカメラとかのポイントに近いもののようです。
現在はJCBさんとTカードさんでシステム運用がされていて、(スッゴク失礼ですが、)JCBさんでのポイント交換景品は、あまり魅力はありません。(←ゴメンナサイ)

でもTカードさんの場合、エコアクションポイントがTカードポイントになると、話しはガゼン面白くなります。Tカードさんって「ファミリーマート」「ブックオフ」「ツタヤ」「スカイラーク」「オートバックス」とかでの共有ポイントですよね。

これは、イイでしょう!!!!!

私たちがエコな商品を意欲的に購入することによって、ポイントがもらえて、そのポイントでお食事ができてしまうかもしれない・・・・ナンテ・・・・素敵



こういうシステムを私は待ち望んでいました。
こういうシステムなら一般にも広まるでしょう。



さてさて・・・・現状は・・・・・・
08年10月から全国展開開始ということもあり、まだまだバージンメガストアさんと家電のコジマさん位のようですね。

ぜひぜひ、環境配慮商品を製造販売しているメーカーの方々!

●環境省、ご推奨ですよ!
●大衆受けしますよ!・・・(Tカードさん次第)
●エンドユーザーと直接繋がりますよ!
●まだまだ制度は広まっていないので先行者利益があるカモしれませんよ!
       ↑ポシャっちゃいましたらゴメンナサイ


このエコアクションポイント、自動車や住宅部門にも適用できるようです。
もし・・・・・ポイント1%で1ポイント1円換算なら・・・・

プリウス1台買ったら2万円分位のポイントがつくのですね。
住宅建材で1000万円だったら、10万円分!?

家庭の奥様が目の色変えるかも・・・・・

「お父さん!車は絶対プリウスね!」
なんて言われたりするのかしら??????


そんな日が来ることを期待しています。
ぜひぜひ、この制度が広まって欲しいものです。

デハデハ

------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております

こんばんわ!

今回は先日の紙のネタに続き、以前私が行ったことのある製紙会社のことを書きます。

ずいぶんといっても2年も経っていないと思いますが、日●製紙の富士工場を見学したことがありました。


大きな地図で見る


お写真(HPより)


イヤースッゴク広いです。


営業さんとの同行でしたので、入門はスンナリ。
会議室にはJ●A●AロゴのISO14001審査登録証。

やがて工場の方の案内で、まずは車で場内1周。
あの~いつまでたっても1周しないのですが・・・・


それくらい広い!


あ!線路だ!・・・・工場内に鉄道(貨物)が走っています。
(な~んか、AGCの工場は確か工場内に港があったような・・・・を思い出します。)


やがて工場内に入り、そこからは徒歩。

何という設備かは知りませんが、数百メートル先まで設備がつながっています。


なんでも紙を伸ばして乾かして・・・ということを行うそうです。
そして、古紙分別機も見せていただきました。

うまく金属、ビニル等紙以外を自動で分別できるようになっているのです。
全然、人の手を借りません。



・・・・・人???



あ、そういえば、工場内に入ってから人の姿を全く見ません。


私は案内をしてくれる方に聞いたのです。
「今日は現場はオヤスミなのですか?あまりに誰もいないので・・・」


「い~え~、フル稼働していますよ~。装置産業なので人は不要なのです。」
「メンテ要員しかいないんですよ~」

なんて言っていました。
野球場数個分の敷地に鉄道まで乗り入れる工場の従業員数は当時で300名程。
(下請さんとかは不明)

メンテ要員は近隣工場と掛け持ちだそうですから・・・・・


人って不要なのね。



う~ん・・・こんな広い大きな工場でも地域の雇用には貢献していないのね~

なんて思ってしまいました。
この人員の少なさこそが価格競争力なのですけどね~


富士市にはこのような製紙会社の工場がたくさんあります。
一時は田子の浦のヘドロ問題で大きく揺れた富士市の製紙会社ですが、
今では水質も改善されているのです!と(強く)おっしゃっていました。



ペーパーレスの元、IT化が進んでもオフィスから紙は無くなりません。
製紙会社さんの一層の努力で安くて、質が良くて、環境にも良い 紙を
期待しております。


ボヤボヤしていると、石の紙に足元すくわれちゃいますヨ。


------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております



こんばんわ!

本日は、新しい紙についてお話します。

皆さんは紙というと木からパルプを作り出し、紙になる・・・・くらいはご存知ですよね。

そうそう、紙は木からできているものなのです。
そしてリサイクル・・・紙はまた紙になります。


今日ご紹介するのは木から紙を作るのではなく、石灰石から紙を作るものです。

viastone
 ↑メーカーにリンクしています。


まさしく石から紙なのです。



この紙を 私、本日さわってきました。



おお・・・・なんというか・・・・・手触りが、しっとりしています。
まるで、私のホッペみたい(←オオバカ!)



紙というよりは布に近い感じです。
ピッと垂直にならず、くたん~と寝てしまうような感触です。


その材質的特性から、ほかの紙との混合リサイクルは難しいようです。
また、メーカーさんは通常の紙と比較して環境配慮である!と言っているようですが・・・・


これはどうなのでしょうね。
確かに木材資源保護には寄与するでしょう。
また漂白の必要が無いので、塩素による漂白が無いのも良いことでしょう。



でも・・・・



使用目的が通常紙の代替であることを考えると、通常紙との分離分別は至難なのではないかしら?


うん、もう少しですね。

通常紙との混合リサイクルが出来ないと市況の中ではお話にならないでしょう。
チョット残念なのはHPでもリサイクルについて触れられていません。
これは・・・×デスネ



でも、新しい技術で紙を造る・・・・・その意気込みはなんとなく理解できます。
もしかしたら次世代用紙のスタンダードになるかもしれないし・・・・



結局、採用してくれるところが少なく、もしかしたら埋もれてしまうかもしれませんが、次世代技術の一つを見た気がしました。


機会がありましたら、ぜひviastoneを触ってみてください。(触らないと違いはわかりません)


デハデハ・・・・


------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております
こんばんわ!

本日は、チョット感動したお話について書きます。


msnニュース


多分、みなが求めていることが、この記事の中に集約されているのかもしれません。


この記事の中では海中建造物と生態系への配慮がダイバーの目線で記載されています。

海中に建造物を作れば確かに、海中の生態系を破壊するでしょう。
その破壊された生態系は二度と戻らないかもしれません。

でも一方で、少しでも生態系への影響を最小限にしよう、と努力もしているのですね。


こういうモノの考え方、行動こそ「持続可能性」なのでしょう。

私たちは開発を止めることはしません。
人間が生きていくために、より良い生活を得るために・・・・



ならば、そこに少しでも生態系への配慮をしたいものです。



「環境破壊になるから開発はやめよう」ではなくて「環境破壊になってしまうのなら環境破壊にならないように配慮しよう」



まだまだ私たちのモノの考え方は、「やめよう」になっているのかもしれませんね。


------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております
こんばんわ

乾電池・・・・使っていますよね。

単3アルカリ乾電池はコンビニで4本約300円。

週に1回買うとなると1年で15600円
けっこうしますよね。

するとやっぱエネループですねぇ。


←エネループ色々(最近の流行はカイロデスネ)




何度も充電できて捨てる必要がないデス。

我が家にもエネループは10本位あります。
常に充電器に4本入っていますね


さて乾電池といいますと、その処分方法はどうなのでしょうか?

乾電池は昔(90年当時位)は水銀が入っていたといいますが、今の乾電池は水銀は入っていません。

町内のゴミ分別チラシでも不燃ごみで捨てるように書いてあります。

ということは、埋め立て処分なのですね。


この乾電池、なかなかリサイクルが難しいようです。

電池工業会でも「安全に埋め立てられます!」なんて書いてあるし・・・



工業会がちゃんとリサイクルまで考えなきゃダメでしょ!(←考えているハズ)


それにしても「エネループ」ってネ~ミングやデザインがいいですよね。

------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております





試しにユーチューブ動画を入れてみました。

ちゃんと見れるかな
たまにはお勉強もしましょうね!


いつものお時間にもう1本記事をUPします。

お楽しみに~



------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております


こんばんわ!

本日は「環境問題」という言葉について考えてみましょう。
世の中では今や環境問題、環境対策花盛りなのは周知のこと。

「環境問題」という言葉を調べてみると・・・・「人類の活動に由来する周囲の環境の変化により発生した問題の総称 by wiki 」・・・・・なんだか難しい。

でも~~~~
大気汚染・水質汚染・土壌汚染・騒音・振動・快適性問題・廃棄物問題・循環型社会・開発問題・自然保護・生態系問題・地球温暖化・気候変動問題 etc   ・・・となりますと、なんだかわかったような気がします。

こういう問題を改善すれば環境問題の改善になるのね!

でも本質的に切り分けるべきなのは、そういうことではなくて沢山ありますね。さらにもう少しジャンル分けすると地球環境、地域環境、生活(職務)環境にわけられます。


会社の中で環境改善とか環境対策というと、ほとんどの会社では地域環境か生活環境を指します。
一部の先進企業が地球環境に関する改善を行っている・・・・としか思えません。

たとえば、先の大気汚染・水質汚染・土壌汚染・騒音・振動・廃棄物問題・・・なぁんてのも地球環境というよりは地域環境の問題かと思っています。まぁ地域環境を良くする事は地球環境が良くなることに繋がりますけどね。

日々こまめに節電もしていますが、それが地球環境の温暖化を防止しよう!なんて考えたことは1度だってありません。ゴミの分別もちゃんとやっていますが、それがリサイクルに繋がるために・・・なんて考えたことは全然ありません

みんなはどうなのかしら????

節電は、あくまで電気代の節約だし、分別はちゃんとやらないと監視のオバ様に小言を言われてしまうし・・・・・




私自身、日々の生活の中で地球環境のことなんて考えたこともないのが本音の気がしています。
でも、なんで仕事だと考えるのかしら???


さまざまな所で都合よく使われている気がします。




今日はチョット サエテませんね。(←チビット酔っています)


デハ・・・・悲)))


------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております


こんばんわ!

そういえば今月(1月)には新型プリウスが発表になりましたね。
もう3代目なのですね。

まさしく環境配慮商品の代表として君臨している感じがします。

プリウスも、もう沢山の人が運転していると思います。
私も隣に乗せて頂いたことがあるのですが、ビックリの連続でした。


まず、静かでしたね。当然エンジン使用の時はブゥーといっていましたが、
電力駆動ですと無音のような感じでした。
音も無く走る、という意味では危ないのではないかしら?とも思ったくらいです。

燃費もリアルタイムでモニター表示され、その表示される数字自体はケッコウおおげさな感じはしましたが、オーナーいわくリットルで30Km走ることもあるヨ~なんて言っていました。
さすがプリウス!


当時、気になっていたことは、この車が廃車になるときのこと。
大容量のバッテリーを積んでいますが、バッテリーの処分は非常に高価ですし環境負荷も高いのですが、プリウスの場合、パナソニックとの合弁会社が引き取り完全リサイクルとしているようです。

その意味でプリウスという車は部分最適化ではなく全体最適化を意識されて造られているんだぁ。と感心してしまいました。まぁ私たちに見えない部分で弱いところはあるのかもしれませんが・・・・ネ


そんなプリウスも、もう3代目

トヨタ自動車自身、販売台数世界一が確定し、文字通り世界一の先進企業になったのですが、景気後退による業績悪化を受けての創業者一族による経営者交代、そして拡大路線から堅実路線への世界戦略の見直し。トヨタの動きは日本経済の動向まで左右することもあるわけですが、やることもキッパリしていますね。トヨタの動きは日本経済の動きでもあります。必ず成功して欲しいですね。

そしてその成功のキッカケに3代目プリウスが鍵になってくれると、環境配慮商品の認知度や重要性が一層高まっていくのですけどねぇ。(←都合のイイ考え)

ゼヒゼヒ日本を代表する企業であるトヨタさん、そして3月期2400億円もの大赤字見込みであるソニーさんにも頑張って頂きたいデス。


デハデハ


※ハイブリッドカーってプリウス以外にもケッコウあります。でも全然話題にならないのは何故なのでしょうね????



------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております
こんばんわ!

本日は我が家にある極めつけのエコ商品をご紹介します。

aswzr700.jpg

これを私のうちでは今も現役で使用しています。

三洋電機製 ASW-ZR700(2001年発売)

アレです。洗剤ゼロ洗濯機です。
確か当時8万円位しました。


このころから環境関連の仕事をしていたこともあり、非常に高価だったのですが奮発したのです。


今でも覚えています。
電器やさんに設置してもらい、早速お洗濯

当然、洗剤ゼロコース・・・




・・・・・・




・・・・・・



あの~いつまでたっても終わらないのですけど・・・・・


そうなんです、この洗濯機は洗剤ゼロコースにすると2時間位洗っているのです。
それでも耐えてしばらくは使っていました。


でも汚れ落ちが悪いのです。

結局、洗剤をドボドボ入れて洗うことになってしまいました。
いまでは脱水のときに「ガガガガガガガガガガッ!!」と洗濯機が震えています。


そろそろ買い替えでしょうか?


当時、この洗濯機は洗剤市場に激震をもたらし、洗剤メーカーが大挙して三洋電機に抗議するなんている状況にまでなっていました。

はたして、洗剤ゼロ洗濯機は市場に受け入れられたのでしょうか?


それは今の洗濯機の製品を見てみればわかることです。





でもでもでも・・・・・三洋電機は今も最新機種の洗濯機で洗剤ゼロコースを採用しているのです。




この当時のスピリットは今も受け継がれているのですねぇ。これがスッゴイ!


いつの日か、汚れが酷い衣類でも洗剤ゼロで洗える洗濯機を開発して頂きたいものです。
なにげに最近の三洋電機の製品には一昔前のシャープの製品のような雰囲気があるような気がします。ぜひぜひ生き残るためにもソーラーパネルとかの得意の電池市場で安くて性能が良い製品を今後も供給して下さい!



でもパナソニックと一緒になってしまったら、どうなるのかしら???



------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております
こんばんわ!

オバマ大統領就任ですね。
歴史上初の黒人大統領ということで注目度満点です。
amr0901210254003-n1.jpg


オバマ氏は「change!」「yes we can!」と民衆を見方に登りつめました。

さて・・・・オバマ氏から語られる言葉は経済問題とイスラム系の問題ばかり。
まだまだこれからですけどねぇ。

アメリカは京都議定書への批准をせず、世界中が温室効果ガスの削減目標を打ち出す中、先進国としては異例ともいえる不参加を決めましたよね。
まぁ、このときにはアメリカなりの理由があったのでしょうが、このことは大変ショッキングなことでした。
温室効果ガスの排出割合でいえば、アメリカは世界の24%を占めていてダントツの1位です。(中国は15%位でしたっけ?・・・中国は排出世界2位でも人口1人当たりにすると実は少ないですが・・・)


温暖化の問題解決に向けて、ゼヒ是非!早期にオバマさんには「温暖化問題解決も世界をアメリカがリードしていくのだ!」という態度を見せていただきたいものです。

今回の不況で、つくづく世界の景気はアメリカが中心なのだということを世界中が思い知ったと思います。あらゆる面で世界をリードするアメリカが牽引役にならないと結局は何事も前に進まない、ということになるのです。


さてさて・・・・一方で・・・・・・「太陽の黒点が無い」という状態が観測されているそうです。
(08年9月あたりから、そのような状態のようデス)
黒点が一時的に「無い」という状態自体は珍しくは無いのですが、月間を通して観測される黒点の数が減少傾向になるということです。
黒点は太陽の中で発生する熱の対流部分で温度が低いところ。
黒点の数が太陽自身の活動の活性の目安なのだそうです。

黒点が減少している、無い、ということは、太陽の活動が活発ではなくなってきているということなのだそうです。

太陽の活動が活発でなくなると・・・・・・・・地球は寒冷期に入るとのこと。






ん・・・・・・寒くなるの????





温暖化じゃなかったのかしら?



地球は暑くなるのかしら?
それとも寒くなるのかしら?
寒くなるなら、これで地球温暖化問題は解決・・・ってこと???

------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております


こんばんわ!

昨日にどうやらエコR25が配布になったようです。
さっそくGETしてきました。


R25サイトIMG2.jpg←クリックで拡大デス


まぁ記事内容はぜひぜひ皆さんも読んでいただくとして・・・・

へ~と思ったのは町全体で太陽光発電の町があるとのこと。
写真と小さなコメントだけなのですが、群馬県太田市の新興住宅地では600戸程の住宅に全てソーラー発電ユニットを設置した実証研究の住宅街なのですって!

スッゴイことやっているのね。

無限に降り注ぐ太陽ネネルギーを町全体で享受する。
こういう実験的取り組みはすばらしいですね。

早く実証研究が完了して結論が出てほしいです。


こうなるとあとは・・・・ソーラーパネルのコスト低減が鍵になってきますね。



そして刑事エコロンボがカナリ・・・・シュールでした


デハデハ



------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!






banner_22.gif

  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。

※バナーが横に並んでくれたのがスッゴク嬉しい!


あと・・・・よろしかったら相互リンクしましょ。
ぜひ是非お待ちしております


こんばんわ

約1年前の1月16日になにがあったか覚えていますか?
ありましたよね~製紙会社による古紙配合率偽装事件。
この日、製紙会社各社が謝罪の記者会見を行った日でした

あの事件は相当大きなインパクトがありました。
製紙会社の7割が偽装を行っていたということで業界ぐるみといわれてもしかたない、というものでした。

あの事件までは企業の出版物はけっこう古紙配合率が気にされていたのです。
あの事件からイッキに古紙配合率を問題視する風潮は無くなりました。

製紙会社の営業の方に伺ったのですが、当時から古紙配合率至上主義から認証林の方へ環境的価値を移行しようとしていたようです。
古紙配合率100%(実際には無かったのかもしれませんが・・・・)というのは白色度を高めるために相当漂白を行わなければならず、この漂白には塩素が使われるため、はたしてそれがエコといえるのか???という議論がけっこうあったと聞いています。


イマの時代の紙のエコって何でしょうか?

先のFSC認証林はすっかりメジャーになりました。そしてSOIインクにエコ印刷(インク使用量削減)
いろいろありますが・・・・認証林制度も実際はどうなのかは、私たちにはわかりませんよね。

これは案外古紙配合のときと図式が同じなような気がします。

ISO14001もそうなのですが、認証を得るために企業は案外なんでも行います。
そういう実態を何度も見ているので、ハタシテ・・・・・なんて感じてしまうのです。


非常に素人考えなのですが、廃棄物の世界では「木屑」は非常にヤッカイな廃棄物です。
なかなか再資源化が難しいのですよね。

これら建設系廃棄物の木屑なんかは、紙製造用に使えないのかしら?
(たぶん、ホルム系の薬剤を防腐剤で使われているので使えないと思うのですが・・・)


もっと製造段階で再資源化のことまで考えると、うまくモノ作りが出来たり、循環型社会が出来ると思うんだけどなァ



廃棄物処理法 第3条
(事業者の責務)
第三条  事業者は、その事業活動に伴つて生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。
2  事業者は、その事業活動に伴つて生じた廃棄物の再生利用等を行うことによりその減量に努めるとともに、物の製造、加工、販売等に際して、その製品、容器等が廃棄物となつた場合における処理の困難性についてあらかじめ自ら評価し、適正な処理が困難にならないような製品、容器等の開発を行うこと、その製品、容器等に係る廃棄物の適正な処理の方法についての情報を提供すること等により、その製品、容器等が廃棄物となつた場合においてその適正な処理が困難になることのないようにしなければならない。
3  事業者は、前二項に定めるもののほか、廃棄物の減量その他その適正な処理の確保等に関し国及び地方公共団体の施策に協力しなければならない。


廃棄物処理法も書いてあることはヨイのですが、もっとこの第3条2項を重要視して頂きたい物です。
経済性重視は企業の性ではありますが、こういう部分にこそ国が力を入れて企業を指導していただきたいものです。


認証林制度についてはまた今度・・・・デハデハ



------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。












こんばんわ

今日(1月18日)の朝日新聞の朝刊に出ていました。

「風力発電にようる体調不良続出」

地球温暖化が注目され、二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーの供給が課題となっている昨今、全国各地で風力発電が注目されていますが、近隣住民が体調不良を訴えるケースが相次いでいる。原因としては風車から発生する低周波の音のようである・・・・・・・・ということです。


今や風力発電はクリーンエネルギーとしてグリーン電力証書にも使われています。




その風力発電に人的被害の問題点が出てきたのですね。
企業の中には独自で風力発電設備を建設し事業所の電力の一部を賄おうという動きもあります。
そういう動きに一石を投じることになるのかしら?

結局発電設備って人里離れたところに建設するしかないのですね。
やはり人類のとってプラスだけの効果を得られるものってないのかしら?



さて・・・・家庭用燃料電池はどうなっているのかしら?
ソーラー発電は少しは安くなったのかしら?



結局は、そこに行き着いてしまいそうです。



------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。



こんばんわ!

今回は、案外 「え?」というお話をします。知っている人には「あたりまえ」なのですが。




京都議定書に関連して、ここ10年は地球温暖化の話題で日々持ちきりなのですが・・・

そして毎回のように北極圏の氷面積が過去最小になった・・なんて記事を見ますよね。
そして温暖化が進み、こりゃ大変だ!

となるわけです。

http://www.ijis.iarc.uaf.edu/cgi-bin/seaice-monitor.cgi?lang=j



温暖化による影響といいますと第1は海面の上昇。もう幾度も話題になり南国のツバル国が水没するぅとか騒ぎになります。
そして気候変動・・・・・08年は台風の日本本土上陸がゼロでした。相当珍しいことのようです。




さて・・・・実はあたりまえのことなのですが、地球温暖化が進み、北極の氷面積が小さくなっても海面は全く上昇しません。


北極の氷がゼロになっても海面は上昇しないのです。


最初聞いたときは、私も「え~~~~~???」と思ったのですが・・・・


でもグリーンランドの氷河が溶けたとか南極の氷が溶けた、となると海面は上昇するのだそうです。


「なんでぇ???」


両者の違いは海か陸か、ということで、北極は大陸がありません。

大陸が無いということは北極の氷は全て海に浮いていることになります。


さて!実験クン!

氷を1個、コップに入れて、お水をコップのすりきり一杯まで入れましょう。
お水はコップのフチから盛り上がる位がいいですね。
当然、氷は浮いているのですから水面から飛び出しています。

この浮いた氷が全て溶けても水はあふれてこぼれることは無いのです。

原理は私もよくは知りませんが、氷は凍ったときに体積を膨張させます。
この膨張分が水面から出ている分になるそうです。
 ↑北極で氷が見えている部分と同じ。


だから溶けても体積に変化は無い!ということなのです。

・・・・・よって北極の氷が全て溶けても海面は上昇しない!・・・・・


という結論なのです。



北極の氷が全て溶ける温度環境ですと大陸の氷も溶けるでしょうから・・・
それはそれですけどねぇ。
これが南極ですと、南極は大陸なので、ここの氷が溶けてしまうとダイレクトに海面上昇になってしまうのです。


私・・・・・これで昔・・・大ハジかきました。・・・・・思い出したくも無いのデスガ・・・・


まぁそういうこともありますよね。
知らない人にはチョット勉強になったお話でしたぁ




------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。



こんばんわ!

本日はブラブラしていました。
お買い物のお気に入りは・・・アリオです。

http://www.ario-kameari.jp/

イトーヨーカドーとショッピングモールなのですが、映画館もあって非常に楽しい空間になっています。


皆さんも近所の方は是非・・・・


今日はここまで!

デハデハ


------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。


皆さん、こんばんわ!

今回は私が以前追いかけていたネタを書きます。

テーマは「塩ビ」です。

塩ビはポリ塩化ビニルのことで一般的にはPVCとも言われています。

塩ビは価格、難燃性、やわらかさ、安定性 等が優れているためプラスチックの中では他に代替品が無いといわれているくらい優秀な樹脂です。
私たちのみのまわりにも、塩ビ管や塩ビのオモチャ、至るところにつかわれています。

そんな塩ビも唯一の欠点があります。
それが燃やすと塩素ガスが発生すること。
これは金属を腐食させますので、一般的な低温焼却炉では燃やせません。
高温でも塩素ガスは問題視されます。
また燃やすとダイオキシンが発生すると言われています。

特にこのダイオキシン問題で塩ビは経済界から猛烈なバッシングを受け「塩ビをつかわないこと」がエコなことだ、となっていた時期がありました。(ほんの10~5年前のことです)
ダイオキシンはポリ塩化ジベンゾフランとか言って、確かに塩素化合物の一種であり低温燃焼させると発生するそうです。でも近年、ダイオキシンで病気になったとか死亡した、なんて記事は皆さんも見たことが無いと思います。

数年前にあれほど騒がれていたダイオキシン問題ですが、今では誰も問題視しなくなりました。
ひとつは焼却に関する環境が変化してきたことも大きいでしょう。
国は15年ほど前にダイオキシン規制法で焼却炉の規制を行いました。
(具体的には800℃以上の燃焼温度と一酸化炭素の測定などなどを既存の焼却炉に後付けを義務つけた。さらにダイオキシン規制値を新設炉は既設炉比で約10分の1位?まで厳しくした。)
この法令施行で焼却炉メーカーは相当潰れたとも聞いています。(既設炉の法令対応改造費が非常に高価で、ここがターニングポイントになってそれまで事業所内で燃やしていたゴミは皆、埋め立てや再資源化に流れることになりました。つまり焼却炉は撤去されたのです。)

おかしな話で、ダイオキシン規制法施行の数年前までは自治体がゴミを各家庭や事業所で焼却処分することを奨励し補助金までだしていた時期があったのですよね。
今では野焼きなんてしたら犯罪者ですよ。


ただ、この法令の施行により廃棄物焼却の環境は大きく変化しダイオキシンが発生するような燃焼環境での廃棄物焼却はなくなってきて、ダイオキシンが問題視されなくなったのかもしれないですよね。

その中心にいたのは当時、塩ビ製品だったのです。

経済界はけっしてエコだけでは動きません。
必ずそこに市場ニーズ、市民の目線を見ながら動くわけです。

最近の脱塩ビの動きが見られなくなってきたのは、市場が塩ビを問題視しなくなってきたことでしょう。これはマスコミが騒がなくなったことも一因かもしれません。なんたって塩ビはその性能は一級品であり、代替品が無いのです。ダイオキシン問題もクリアされたのであれば、使わないことはないでしょう。

でもオカシな話なのですよ。
ダイオキシン問題では、塩ビを低温で燃焼させると猛毒のダイオキシンが発生する、と言って政府もマスコミもあれだけ騒いだのに国は焼却炉関係だけ規制して塩ビには何も規制をかけなかったのです。

そんな危険な物質ならば、なんらかの規制をしてもおかしくなかったのではないかしら?
でもそれは経済界が許さなかったのでしょう。
日本の工業製品は塩ビの存在で成り立っている部分が多々あります。
塩ビに規制をかけるなんてできる筈もなかったのですよね。

さて今や塩ビの問題点はその再資源化性でしょう。
塩ビ単体で見れば比較的再資源化性は悪くありません。
たとえば、塩ビパイプは相当量が再資源化されているといいます。
塩ビパイプみたいに人目に触れることがあまりなく外観が問題視されない製品はいいのですが、個人ユーザーが購入する製品や外観が問題視される製品はなかなか再資源化がされにくいようです。

一例ですが、塩ビ製品の一般的な製造はペレット化して高温でやわらかくし成型します。特に押出製品はほとんどこの方法です。特徴的なのは塩ビとしての成分的な品質は投入材料で保証しているということ。ですので廃棄された塩ビ製品を回収して分離分別、破砕しペレット化しても実はほとんど使えません。先の通り投入材料で成分品質を作りこみますので廃棄物であった塩ビはどこの会社の塩ビなのか素性がわからないため成分的な品質を保証できないからです。

私は専門ではないのでよくは知りませんが塩ビの工業製品は成分品質よりも機能品質が重要視されるそうです。成分は材料投入段階で保証されているので機能品質が重要なのでしょうね。

さて塩ビのマテリアルリサイクルは難しいようですが、国内ではけっこう有名な会社があります。
コベルコ・ビニループ・イーストという会社が2006年に塩ビのマテリアルリサイクルプラントを完成させ稼動させました。ここは「混合」塩ビを受け入れリサイクルする設備としては国内で唯一の存在らしいです。(他にも沢山あったらゴメンナサイ)これってけっこう画期的だ!と思いました。

こういう技術革新で悪者であった塩ビはだんだん善玉になっていくのですね。

一方でガス化溶融炉というリサイクル方法もあります。これは高温燃焼させ発生した塩素ガスを回収し残渣物は溶融スラグとして道路路盤材やセメント増量材にするものです。
この方法もリサイクル方法としては確立した感がありますが、高温燃焼を伴い膨大なエネルギーを使用するという点や処理費用が非常に高価、という面がありますのでチョット考えてしまいますね。

経済界は廃棄物にお金は使いたくないものです。

安く、安全で、材料として・・・・再資源化は行ってほしいものです。

いつか塩ビも鉄やアルミ同様に普通にリサイクルされる時代がくるといいですね。



技術革新はいつかその高い壁を越えてくれるでしょう。


1月19日追記

上の記事でご紹介している塩ビリサイクル会社なのですが・・・・・
新規受け入れを停止しているようです。(採算性悪化のようデス)
期待していた方々・・・・・・ゴメンナサイ




------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。



fc2rank.jpg


ちょ~っとビックリです。
カテゴリ(末端)ランキングで2位!
FC2総合で1436位

なにげにスッゴイぞぉ!

これも皆様の応援のお陰でございます。


大感謝!

今後もよろしくお願いします。



------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。

こんばんわ、いずみです。

本日は地球温暖化についてお話しましょう。

ご存知のとおり、地球の気温は上昇の一途であり、このままであれば2100年ごろには平均気温が最大で6.4℃まで上層してしまう可能性があるそうです。

気温が上昇すると氷河の氷や南極の氷が解けて海面が上昇する。
すると、南国の島国とかは水没してしまうところもあるそうです。
オセアニアの国、ツバルは海抜が最大でも5m程度のため、温暖化による海面上昇の影響を最も受けてしまう国として有名です。

グリーンランドの氷河が溶けているとか、地球の平均気温の上昇は20世紀後半に加速しているとか、相当明確にしかも科学的に実証されているそうですから、明らかに地球は温暖化しているのでしょうね。


さて、その温暖化の原因ですが・・・・・


二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスが原因と言われています。
温室効果ガスには二酸化炭素以外にもメタン、フロン等があり、これらの大気中の濃度が上昇すると保温効果高まり地球の気温が上昇するという理屈になります。


そして、省エネルギーという言葉・・・・この省エネは文字通りエネルギー使用を少なくしましょう、という活動ですが、この省エネを行う目的や効果はズバリ温暖化の原因である温室効果ガスの削減につながるということになります。具体的には二酸化炭素の排出削減につながる訳です。

だからみんな、省エネ、省エネと騒ぐのですよね!



さて・・・・・大気の組成はさまざまな物質によって成り立っています。
含有率が高いのは窒素で約78%、酸素は20%、アルゴンが約1%

そして二酸化炭素は、なんとぉ、0.03%です。


いったい、この0.03%の二酸化炭素がどの程度増えたら地球の平均気温が何度あがるのかしら?


地球上の酸素と二酸化炭素の量は植物の光合成によってバランスが取れているそうですが、その植物が少なくなると二酸化炭素の割合が高まり相対的に酸素の割合は増えるようです。
でも・・・・大気組成の割合にまで影響を与えるほどなのかしら???

この光合成を行う植物を減らさないように地球上の至る所で植林や森林整備が行われています。
でも光合成が行われる総量で一番多いのは海洋植物プランクトンという記事を読んだことがあります。


さらに・・・・・・・・


大気中の成分ではありませんが、温暖化に最も影響が大きいであろう、というのが大気中の水分です。水分は保温力が高いため温暖化を左右するのは大気中の水分であり、二酸化炭素の影響はそれほど大きくない、という学説もあるそうです。


一方で、オーストラリアやニュージーランドでは牛のゲップによるメタンの排出が温暖化に深刻な影響を及ぼしているという記事も見受けられます。
(そんなこといったらメタンハイドレートの利用なんて夢のまた夢ね)


地球は、その46億年の歴史の中で灼熱期や氷河期を何度も繰り返してきました。
ですので、数度の温度の変動は「あたりまえなのだ」という説もあります。


ただ、人間の経済活動による地球への影響は間違いなく「有る」でしょうし、人間の経済活動が緑を減らしていることは確実でしょう。




私たちは何を信じ、何を行い、何を目指せばいいのかしら????


------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。

こんばんわ!

今日は軽い話をひとつ。


まだまだな気がしますが、チョットびっくりしたネタがありましたので、そのことを書きます。
このブログを読んでくれる人は、どこの人が多いのかしら???


さて皆さん?   2月3日は節分ですよね。

この節分、当然のように皆さんも子供の頃は豆を撒いたと思います。


「鬼は外、福はうち!」


この撒く豆はなんだか知っていますよね。


「大豆」です。福豆なんて書いてスーパーで売っています。



ところが・・・・ところがなのです。

北海道や東北地方では大豆ではないのだそうです。
なんと落花生を殻つきのまま投げるのだそうです。
  ↑スッゴィビックリ!!!!


え・・・・落花生を殻つきで・・・・・????

あの巨大なものを投げて、しかも投げ終わった後に拾って潰して食べるのだそうです。

※落花生を投げている人、ゴメンナサイ。



しかも北海道や東北地方では、それが常識なのだそうです。
(北海道出身の人に聞くと大豆の方が意外だそうです)


まぁバレンタインデーやホワイトデーは企業戦略にハメられてしまった気がしますが、節分の豆撒きはさすがに企業戦略ではないですよね。しかも落花生ですから・・・・
落花生が名産の千葉県ではそんな落花生を投げることはしないようです。


こういう話って面白いです。




これまで「あたりまえ」のように感じていた大豆を巻く節分も今年は落花生にチャレンジしてみようかしら?なんて感じています。



節分のときに落花生を投げている方!ゼヒゼヒコメントよろしくお願いします。
 ↑実は今でも自分で書いていて信じられないのです。


ではまた。


------------------------------------------------------



最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。

こんばんわ!いずみです。

本日は、新宿に行って某社のショールームをハシゴしてきました。
日経環境経営度ランキングベスト20に入っている会社なのですが・・・


かなり、環境に関するPRもされているんだろうなぁ・・・なんて考えていたのですが、
行ってみたら・・・・・ぜんぜんです。

環境の「か」の字も無いって感じ。


あらぁ~~~?意外なものですね。
でもエコファーストの掲示とISO14001の掲示はされていました。

まぁそれは(持っていれば)最低限しますよねぇ。



展示品は多数あるのですが、商品毎の環境PRはまったく無し。
ただただ商品の特徴が掲載されているだけでした。


カタログとかチラシとか持って帰ろうとしたのですが、全然環境PRが無かったのでチョット呆然でした。

一流メーカーと言われる所でもそうなのですから、企業全体では案外、環境のことなんて眼中に無いのかもしれませんね。
当然なのですが、それ(環境配慮自体)がPRになったり儲けに直結していないとショールームとかでPRはされないのだ、ということがよくわかりました。


数社のショールームをまわって皆同じだったので、チョットご不満なのです。







もっとPRしようよ!いいこと、いい商品たくさん作っているじゃない!!!!


----------------------------------------------------------------


最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!







人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。

こんにちわ!いずみです。

本日はPCBについて記載します。
PCBって知っていますか?ポリ塩化ビフィニルのことです。

このPCBって「生体に対する毒性が高く、脂肪組織に蓄積しやすい。発癌性があり、また皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常を引き起こすことが分かっている。  by wiki」なのだそうです。

あんがい知りませんよね。歴史の教科書の中で約40年前の「カネミ油症事件」の原因物質、というくらいしか私も知識がありません。ただすっごい毒物なのだ、という位は知っています。

さて、このPCBは1974年(昭和49年)に製造が中止されるまで、ふつうに使われていました。
どこに使われていたのでしょうか?


いわゆる変圧器の絶縁油に普通に使われていたのです。
変圧器といいますと電柱の上の方に乗っかっている樽みたいな箱ですね。
他にも工場とかの受電設備や・・・・・・蛍光灯、水銀灯の安定機にも使われていました。


このPCBが含まれている電気機器なのですが、


その機器使っている限り、法的な制約は無いのです。
その機器を廃棄するときにPCB特別措置法という法律が関わってきます。
そのPCBが含まれている機器を捨てるときには、密封保管して役所に届出なければなりません。

そして、この廃棄物を処分できる処分場は原則的に全国でたった5箇所しかない日本環境安全事業(株)(政府全額出資の特殊法人)JESCOに処分を委託しなければならないのです。




このJESCOでは、「ただいま予約受付中」なのですが・・・・・数年待ちの状態です。
しかも費用がエライ高い!10kg:40万円、1t:400万円、4t:1億4千万円・・・嘘じゃないです。
JESCOの価格表にはそうなっています。つまり量が増えるほど対数的に高くなっていくのです。


これ、けっこう皆さん困っているのです。
当然、廃棄物処理法同様にこのPCB機器類の処分責任は排出者(事業者)にあります。


そしてPCB特別措置法の中では法の施行後、15年以内に処分を完了しなければならないことになっています。法の施行は平成13年です。・・・・あら?今は平成21年ですよね。も15年のうち、7年も経ってしまっているのです。あと8年以内に日本国内のPCB処分は完了するのかしら?

たぶん、無理なんじゃないかしら・・・・
ちなみにJESCOの処分場は全国で5箇所で一番最初に処分開始したのは九州のH16年12月、最後は北海道のH20年5月なのです。



処分場が少ない現実、非常に高額な処理費用、廃棄するためには、それまで廃棄の為に保管をし、届出もしなkればならない。

けっこう厳しいのです。



さて、本題は実はそんなところにあるわけじゃないのです。
廃棄する為に、あっ!PCB含有廃棄物がある!って自覚しているところはいいのです。

たぶん、ちゃんと法に従って処分するでしょうから・・・・



問題は、このPCB特別措置法は現役で稼動している機器類には規制が無いことです。
つまり、今も40年前の機器類を使って運転している事業場には、その機器が使われている限り規制は無いのですよ。


あら?あなたの勤め先の会社は大丈夫???
建物が40年以上前のものだったら、ほぼ確実にPCB持っていますよ。
とくに危険なのが蛍光灯や水銀灯。

あなたの頭の上に案外PCBが含まれている蛍光灯があったりするかも・・・・怖い!

私は近所でそういう工場や倉庫を少々しっています。知り合いなのでチョット調べさせてもらいましたが、東芝製の水銀灯安定機で型番が公表されているものと合致して・・・・・・・・・ま、そこの方いわく、「PCBとか難しいことはわからん(笑)」ということです。
たぶん、この作業場は取り壊されるとき、地元の工務店経営の解体屋さんにミンチ解体され、全て埋め立て処分されると思います。



そういう機器類がまだまだ多数世の中にはあるのです。



皆が自発的に「PCBは危ないのだ!だから適正に処分しなければならないのだ!」となるには、

・わかりやすいこと
・安くて、経済的に負担にならないこと
・面倒でないこと


現状は全然ダメですけどね。



皆さんも気をつけてくださいね。
きれいな建物、と思っても案外古い建物はあります。
特に古い建物の水銀灯、蛍光灯からポタリと油が落ちてきたら・・・・・・


舐めちゃダメよ。それPCBよ、きっと・・・・(舐める人なんていないって!)






最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。
こんばんわ!


本日は越谷イオンレイクタウンに行ってきました。
http://www.aeon-laketown.jp/

外環下に車を走らせ約1時間。
お昼前でしたので比較的空いていました。

臨時駐車場に止めると、チョットビックリ!
壁面の一面にソーラーパネルがあります。

武蔵野線沿いということもあって、これはインパクト大きいですね。
よく考えられています。


ここは「KAZE」エリアと「MORI」エリアの2つのエリアで構成され、それぞれが
巨大ショッピングモールになっています。
IMG.jpg


近くにはこの近くの巨大ショッピングエリアというと三郷のイトーヨーカドー&ビバホームですから、これは大きなライバルが出来たことになりますね。

中に入ってみると色々なお店が沢山あって目移りしてしまいます。
それにしても人、人、人・・・・・・たっくさんの人で溢れ返っています。


その中で私がお買い物したのは、
P1070482.jpg
クリスピークリームドーナツ

12個入り1800円だったかしら、
ここも並んで並んで・・・・でも待っている間に店員さんが試食サービス。
ドーナツ丸ごと1個試食ですからね。

気前いいわね。
まぁおいしく頂きました。

他には、アイスのカキ氷みたいなスイーツやお好み焼きのたい焼きを食べて、洋服と靴を買い帰りました。


外を見ると確かに湖(というより人口の池です!)があって、冬はダメだけど、夏になったら池のほとりで遊べるのではないかしら?

ぜひ皆さんも一度行ってみましょう。



有名人も愛用するプラセンタ専門店「スノーヴァ」のスキンケア。
プラセンタのスノーヴァ  7点特別お試しセット






最近開始されたブログセンターです。まだまだ登録人数は少ないので上位が狙い目です。
ブロガーの皆様は要注目!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。
こんにちわ!いずみです。
本日は、困ってしまっていることを綴ります。

世界経済の破綻はいつから始まったのでしたっけ?
08年9月のリーマンブラザーズの破綻から明確に始まりましたよね。

さて、それまでは国内各メーカーさんともさしたる問題も無く経済状態は表向き順調でした。
経済破綻が始まると企業は一斉に不況に突入。どのの会社も赤字赤字赤字・・・


あまり報道はされていませんが、リサイクルの世界にも影響が大きく出ています。

現在、廃棄物のリサイクルの中で従来はあまり再資源化がされず埋め立てられていたものでは「廃プラスチック(特にビニール系混合廃棄物)」があります。
この廃棄物、10年前まではほとんど焼却処分されていたのですけど、5年前位から急に再資源化されるようになり、企業のリサイクル率向上に貢献してきました。

当時、中国が経済的に上昇傾向にあり回収されたビニル類は圧縮梱包されて中国に売却されていたのです。そのため各企業はこぞって分別収集して圧縮梱包して国内商社(・・・といっても廃棄物処分業者)に有価物として売却できていたのです。だいたいkg当たり10円程度で売却できていました。
引き取った業者は時にそのままの状態で中国に売却していましたのです。

08年10月中旬・・・・・・ある業者から1枚の紙がFAXされます。

「御社から購入しているビニル系資材(廃棄物のこと)につきまして中国の納入先が受け入れを停止しております。つきましては弊社につきましても御社からの受け入れを停止させていただくことにしました。」

このFAX、1社からだけではありません、東北、関東、中部、近畿エリア・・・全国で同様の動きになっていました。


さぁ、困りましたね。企業はリサイクル率を上げなければならないし、さりとて頼みの中国さんは買ってくれないし・・・・・


同様の動きは金属再資源化業界にも広がっています。
アルミの買取金額は5分の1、鉄は8分の1まで下がってしまいました。
JFEスチールさんは溶鉱炉を一部停止するようですよね。







気がつきましたか?







以前より空き缶泥棒オジサンが町から減っているでしょう????
努力に見合う収入にならなくなってしまったからなのですよ。
010701sonota367-trans.png







そんなこともあり、廃プラスチック(ビニル関係)の再資源化は曲がり角に来ています。
今、注目されているのはRPF化による燃料化。
溶融スラグ化による路盤材利用。

どちらもサーマルリサイクルで、リサイクルとしてはあまり評価はされません。
(サーマルリサイクルという燃やして熱を利用するという方法は焼却処分と変わらないし、CO2も大量に発生しますのでね。それに対してマテリアルリサイクルは廃棄物自体を原材料として利用するため評価が高い。)



できればマテリアルリサイクルをしたいところです。


これまで中国のお祭り状態に頼ってきた日本のリサイクルは、中国の破綻もあって見直し時期にきています。

企業のニーズは「買い取ってくれること」「安全であること」「対外的に評価されること」です。


ま、そのうちにニーズにかなう業者が出てくると思いますけどねぇ。




・・・・・・・・・・・・・・ではまた。






ブログの読者を増やしたいなら、クリックでランクが上がるブログセンターへ登録!!
ブロガーの皆様は要注目です!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。
こんばんわ!
今回はボランティアについて考えてみたいと思います。

ボランティアは、その言葉自体は無償の奉仕の意味合いで使われています。本来の意味もあるようですが、よくわかりません。

さて企業においてボランティアといいますと、けっこう色々あります。

地域清掃、災害救助、児童学童教育、森林整備、町内会活動etc


私はちょうど1年ほど前に森林整備のボランティアに参加しました。
このときは会社内で動員募集がかかり半強制の参加だったのですが・・・
結論から言って、けっこう楽しかったです。

この森林整備、何を行ったのかというと下草伐採です。
森林は下草が大量になってしまうと樹木の育成に影響するらしいです。
(私のときは竹の伐採でした)


でも・・・・でもね・・・・・何も冬にやることないじゃない。
行った所は奥多摩の山奥。


電車で3時間。さらにテクテク歩き・・・やったことは鎌を持って竹を切ることと運ぶこと。


・・・・・・ん


・・・・・・私には向いていないみたい。



寒かったのよ。すっごく。


でもボランティアってもしかしたらそういうものなのかもしれません。
たぶん、怖いくらいに自己満足の世界なのかと思います。
そして、当然のようにボランティアといいながら、企業のロゴを前面に出します。





つまり宣伝活動なのですよね。




まだ、行った活動をキチンと評価していただければいいのですが、森林伐採なんて
遊びに行っているくらいにしか感じてくれません。
誰が真冬のメッチャ寒いときに山にこもって草刈をするんですか!!!???



でもボランティアだから・・・・



見返りを求めてはイケナイのですよね・・・・・・反省。



少しは会社も考えて欲しいものです。
超優良企業になるとボランティア休暇やボランティア休職なんて制度もありますが、
まだまだ普及はしていません。

これからの高齢化社会に備え、もっとボランティアとかの社会の仲での位置づけや
認知を高めていかないと、みんな個人主義の塊になってしまって、「自分さえよければ
いいや・・・」になってしまいます。


私も先程はブーブー言いましたが、ボランティアは無償の奉仕です。
見返りや評価を期待してはいけません。




自分の心の中に充実感が残ればいいのです。


でも・・・



次は暖かくなってから行くことにします。



では!






ブログの読者を増やしたいなら、クリックでランクが上がるブログセンターへ登録!!
ブロガーの皆様は要注目です!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。


次のような銀行があると考えてみましょう。

その銀行は、毎朝あなたの口座に86400ドルを振り込んでくれます。
同時に、その口座の残高は毎日0になります。
つまり、86400ドルの中で、あなたが使いきらなかった金額はすべて消えてしまいます。
あなただったらどうしますか?
もちろん毎日86400ドル全額引き出しますよね。
私たちは一人一人が同じような銀行を持っています。

それは時間です。

毎朝、あなたに86400秒が与えられます。
毎晩、あなたがうまく使いきらなかった時間は消されてしまいます。
それは繰越も、貸越もできません。
毎日、あなたのために新しい口座が開かれます。
そして、毎晩、その残りは燃やされてしまいます。
もしあなたがその日の預金を使いきらなかったら、あなたはそれを失ったことになります。

過去にさかのぼることはできません。
あなたは今日与えられた預金の中から「いま」を生きなければいけません。
だから、与えられた時間に最大の投資をしましょう。
そして、そこから健康、幸せ、成功のために最高のものを引き出しましょう。

時計の針は走り続けています。
今日という日に最大限のものを作り出しましょう。

1年の価値を理解するためには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。
1か月の価値を理解するためには、未熟児を生んだ母親に聞いてみるといいでしょう。
1週間の価値を理解するためには、週刊ダイヤモンドの編集者に聞いてみるといいでしょう。
1時間の価値を理解するためには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。
1分の価値を理解するためには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。
1秒の価値を理解するためには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。
10分の1秒の価値を理解するためにはオリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみると
いいでしょう。

だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。
そして、あなたはその時を誰か特別な人と過ごしているのだから、十分に大切に使いましょう。
そして、時はだれも待ってくれないことを覚えましょう。

昨日はもう過ぎ去ってしまいました。
明日は、まだわからないのです。
今日は与えられるものです。
だから、英語で「いま」をプレゼント(=present)というのです。

(『人生の時間銀行~あした元気になるために』 一部抜粋 吉田浩 著)


こんばんわ!いずみです。

なにか「100人の村」を思い出してしまいます。
でも、考えさせられてしまいます。

私の時間もあなたの時間も貯めておくことが出来ません。
そしてどんどん時は過ぎ去ってしまいます。

今日1日は充実していましたか?
明日の1日は充実させることができますか?


たまには一人で孤独に時の過ごし方を考えてみても良いのではないかしら?

私の今日の1日はさびしいものでした。
昨日の1日もさびしいものでした。
明日の1日もさびしくなりそうです。

でも、充実した時を過ごせるように皆さんも頑張りましょう。
少しでも輝けると時を過ごせるように・・・・
後悔の無い時を過ごせるように・・・・・・・・





ブログの読者を増やしたいなら、クリックでランクが上がるブログセンターへ登録!!
ブロガーの皆様は要注目です!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。


こんばんわ     いずみです。


明日にまたブッタ斬りますので軽めにカキコします。

最近の進運記事は派遣切り問題とタクシー強盗が多いですね。
派遣さんにつきましては私も同じですので他人事に思えません。
派遣村の方々は主に製造業への派遣さんだったようですが、2009年問題もありますし
その後の派遣さんたちの行く末を考えますと私ごときが軽々しく論評をできる立場にありません。

ただただ、みんな幸せになれるように企業も国も市民も力を貸してくれればなぁと思います。


タクシー強盗の件は関西で多いそうですね。(朝のズームインでやっていました)
こわいですねぇ。
でも怖いと感じているのは運転手さんなのですよね。






さて本日はもう寝ます。たまには早く寝ないとネ。






あと色々ネットで見つけた便利屋さんをご紹介しときます。



三牧ファミリー薬局「ネットで買える薬屋さん」です。
お薬が家庭で買える時代になったのですね。






TV通販番組『痛快!買い物ランドShopjima』のお店です。
楽しいモノが沢山ありますよ。TV通販やっていますので安心ですね。





ブログの読者を増やしたいなら、クリックでランクが上がるブログセンターへ登録!!
ブロガーの皆様は要注目です!








人気ブログランキングへ




  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。


sitemap.xml

さて・・・・連投なのですが、書いちゃいます

「環境経営度調査」ランキングといえば、企業の環境関連部門の担当者にとっては一喜一憂のものです。
環境関連部門の評価は、このランキングに集約されているといっても過言ではありません。


まぁ経営上の業績として評価されるかは別にして自社の取り組みについて日経が評価をするわけですから、気合も入るものです。

果たしてその結果は・・・・・(08年12月発表のもの)

http://job.nikkei.co.jp/2009/contents/business/kankyo/kankyo01.html


やはりトヨタ自動車さんは強いですね。
でも2位以下はけっこう前年と変わっているのです。
リコーさんキャノンさんが順位を落としていますね。

理由は様々でしょうが、別に活動内容のレベルが落ちた訳ではないようです。
他の企業さんが努力をして相対的に順位が下がった、と見るべきでしょうね。


・・・・・・・と色々考えたりするものです。



はて????



このランキングは何が根拠になっているのでしょうか?



「製造業1752社と、非製造業・電力とガス・建設業2492社を対象に調査票を送付した。実施期間は8月下旬から11月上旬まで。有効回収率は製造業が29.7%、非製造業などが15.4%だった。 by nikkeiNAVI」


つまりアンケートなわけです。そりゃそうですよね。約4000社以上もの会社を個別に独自調査なんて出来ませんものね。
アンケートな訳ですから・・・・・鉛筆舐め舐めカキコするのです。



その結果をおそらく日経さんが様々な観点から検証して結果を発表しているのでしょう。



企業の回答担当者は考える訳です。
「この設問は会社全体では出来ていないけど、一部は出来ているな・・・・」

はたして、この回答者は設問に ○を付けるのでしょうか?それとも×を付けるのでしょうか?

そんな場面が沢山あるのです。(厳密には3~5段階評価が多く、実際の実施事項を記載する場面も多い。)

そんな設問が100問位あるのです。


有効回答率はザックリ23%位みたいですから・・・・800社位の回答を日経さんは検証するのですね。
確かアンケート回答は9月位で発表は12月ですから・・・・・



うわぁ~~~~3ヶ月程度で800社もの回答を検証するのね。
日経さんって大変ね。(日経さん自身が検証作業を行っているか外注が行っているかは知りませんが。)


まぁ上位の顔ぶれは毎年ほとんど変わってはいません。
中位(100位~200位)はけっこう順位変動の幅が大きいのです。





鉛筆の舐め方も覚えなければならないのだから企業の環境担当者も大変ですわね。
でも、こういうランキングって相当面白いと思っています。




人気ブログランキングへ
  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。



[広告]



クレジットカードのキャンペーンをやっています。
10000円分の商品券や旅行が当たったりするかも・・・
まだお持ちで無い方は、この機会に是非!



こんばんわ!本日はCSRについてブッタ斬りましょう。

C・S・R=企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)

・・・と解釈されています。これは・・・・・「企業が利益を追求するのみならず、組織活動が社会へ与える影響に責任を持ち、あらゆるステークホルダーからの要求に対して、適切な意思決定したことを指すものである。企業の経済活動にはステークホルダーに対して説明責任が有り、説明出来なければ社会的容認が得られず、信頼のない企業は持続できないとされる。  by wiki 」

つまり、企業は儲けてばかりいないで社会にも還元することこそCSRなのだ、ということなのですね。 
ですので、企業はこぞってお金を環境団体やユニセフへの寄付とか熱帯雨林やマングローブの保護に使ってきました。
これはこれで、非常に良いことだと思います。


さて・・・・2009年は大不況の年になるでしょう。
あの世界の超優良企業のトヨタさんでさえも赤字になる時代。日本全国の企業は全てまっかっかになってしまうでしょう。

そうなったときに、これまでCSRの名のもとにお金を使ってきた企業はどうするでしょうね。
今こそ企業にとってのCSRの考え方が試されるときなのです。
直接的にお金を使うCSR活動は、もう出来ないのです。

そこで各企業さんには考えていただきたいものですね。

例えば、余剰生産品を寄付するとか・・・・社員(人員)をボランティアに投入するとか・・・・・
(厳密には経費をけっこう使いますけどね・・・・)


はたして企業の社会的責任って何なのかしら?

私は東野圭吾氏の「天空の蜂」という小説にリアルなるその答えを見た気がしました。
この小説の中の一節に主人公が犯人に企業の社会的責任について問いかける場面があります。

そのときの答えは、企業の社会的責任とは「儲け続ける事である。」と答えていました。

企業が儲けることは営利団体である以上当然の行為であり、儲けることにより雇用を確保することが出き、従業員のみならずその家族も養い守ることが出来る。そして社会へ商品という名の価値を提供できる、様々な団体へ寄付も出来る、地球環境を守るための投資も出来る・・・・・・・ということなのですね。

儲けないと企業は社会的責任を果たせないのです。
ですので、企業は社会的責任を果たすために、まずは「儲ける」ことが最重要になるのです。


さて・・・・・09年は大不況の年です。
企業は皆、儲かりません。赤字だらけです。
赤字の時に余計な出費(例えば寄付とか・・・)をしていると企業の体質が弱くなります。
ますます赤字は増大します。

09年はCSRの言葉の意味がこれまでとは変わるかもしれません。
いえ・・・言葉の意味は変わらずとも、企業のCSRの「ありかた」が変わるかもしれません。

こういう時代だからこそ、私たちはどこの企業がCSRを前向きに解釈し積極的に社会的責任を果たそうとするのか見守りたいですね。





人気ブログランキングへ
  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリック(バナーと文字の両方)お願いします。

さて今回は廃棄物の話をします。

皆さんはシンシアという会社をご存知かしら?
この会社は廃棄物の処理屋さんです。
なんとNECの子会社です。(あのパソコンメーカーのNECです)

そのNECの子会社が、なんと都内の品川と横浜に廃棄物の処分場をもっているのです。
地価が高いところで廃棄物処分場なんて・・・・・儲かるのかしら?

この会社は、主に廃棄物の焼却により、発電と溶融スラグ化(溶融スラグとは廃棄物や下水汚泥の焼却灰等を1300℃以上の高温で溶融したものを冷却し、固化させたものである。近年では建設・土木資材としての積極的な活用が進められている。を行っています。by wiki)していて廃棄物を焼却しながら再資源化を図っている会社です。このことから、このシンシアに持ち込まれた廃棄物は100%再資源化が図れるのですね。

これは非常にスバラしいことなのです。

このようなコンセプトの廃棄物処分場が自治体を中心にポツポツ出来てきているのですが、このシンシアは、都内、そして横浜にあるというところです。

関東地方で産業廃棄物の処分を行う場合、東京都と神奈川県はゴミの排出者側にとっては非常に都合がいいのですね。

関東の1都6県の中で産業廃棄物の持込が自由に出来るのは東京都と神奈川県、群馬県だけですからね。
(千葉、埼玉、茨城県とかは他の県から産業廃棄物を持ち込む場合に排出者による搬入申請を県庁の廃棄物対策課に提出しなければなりません。これが、非常に面倒でしかも時間がかかります。この中でも特に千葉県は非常に厳しく、千葉県産業廃棄物協会と県庁のダブルチェックが入ります。)

その意味でシンシアが都内と横浜に廃棄物処分場を設定したのはおおいに評価したいですね。
排出者の都合をよくわかっている。←エライエライ!


さてこのシンシアさんですが、産廃処分業者の2次処分先として活用されている姿が見受けられます。つまり、ある産廃業者が中間処分を行い「使えるものを使い切ってしまった後に残った真のゴミ」処理場として活用されているのですね。しかもシンシアさんで100%再資源化され残渣物等の埋め立てもないのですから、このシンシアさんは事実上に最終処分業者扱いになって産廃のマニフェストE票に名前が出てきます。)
もし関東エリアで電子マニフェストをご使用の方がいましたら最終処分先を確認してみると、ほとんどがシンシアさんかJFE環境さんになっていると思います。


ま、いいたいことは実はそんなことではなくて、このシンシアさんのHPには非常にすばらしい記事があります。

それは2000年の記事で「フィリピンから帰国したゴミの根源的問題について」という記事です。
これは当時、栃木県内の産廃業者が有価物(つまり「商品」)としてフィリピンに輸出したものが現地税関で調査された結果、全て産業廃棄物であった、というものです。
このフィリピンでの産廃を国が国内に戻し、シンシアさんで適正処分を行った、という記事なのですが、この記事の中には日本がかかえる産廃問題が凝縮されています。

特に産業廃棄物の定義の問題は非常にわかりやすく・・・・・皆さんは産業廃棄物という言葉の意味をご存知かしら?一般論的には「産業廃棄物=事業者が出したゴミ」「一般廃棄物=家庭から出たゴミ」で正解なのですけど、事業系一般廃棄物という言葉もあります。事業者が出したゴミなのに一般廃棄物なのですね。こうなると、何が産廃で何が一般廃棄物なのかわからなくなってしまいます。

記事引用
「廃棄物の定義についてわかりやすく、若干極端な例を示めそう。例えば、注射後、止血につかった脱脂綿を自宅で捨てれば家庭ゴミになり、自治体で紙くずなどといっしょに焼却処理される。しかし、同じゴミが病院の病室から出れば、感染性廃棄物となる。さらに同じ病院でも食堂で捨てられれば事業系一般廃棄物として処理されるかもしれない。厳密には感染性の医療系廃棄物であろう。しかし、まったく同じそのゴミが、あるときは一般廃棄物になり、産業廃棄物になり、医療系廃棄物にもなるのである。」 ←これ本当のことです。

つまり、産業廃棄物と一般廃棄物の違いは排出されたモノではなくて「排出のシチェーション」なのです。非常に変な感じなのですが、これが廃棄物処理法という法律の一般的な定義の解釈なのです。

さて皆さんにご質問です。
世の中には沢山のビルがありますよね。この中に賃貸で入居しているオフィスがあるのですが、ビルのルールではゴミはビル専用の置き場に出すことになっていました。さて、オフィスではお昼ご飯にコンビニでお弁当を買ってきて食べます。食べ終わると、プラスチックの容器が残ります。
このプラスチックの容器は「産業廃棄物?それとも一般廃棄物???どっちかしら?」

変な回答ですが、
「オフィスの従業員自身(つまり食べた人)が排出する場合は一般廃棄物となりますが、ゴミ置き場を管理しているビル管理会社が排出する場合は産業廃棄物(廃プラスチック)」となってしまいます。
(実際にあった話でビルのデベロッパーや区役所の担当者も同一の見解でした)

ふふ・・・・オフィスでコンビニ弁当食べるときには注意してくださいね。
廃棄物処理法違反で捕まっちゃうわよ。



さて話題を変えて・・・・・・・・
「有価物」という言葉があります。法令上の公式な用語ではないのですが、一般的に通用する言葉で「売却できる廃棄物」という意味になります。なお自治体の一般的解釈では「売れるものは廃棄物ではない。それは商品である。」ということから、例えそれが、誰が見ても廃棄物でも「売ることが出来たら、それは法令上は廃棄物ではない。」となります。このことは法の抜け道的に使われたりしています。例えば、ある企業から有害な廃棄物が定例的に排出されるとしたら、一旦、子会社にその有害な廃棄物を売却して子会社から産廃業者に処分を委託する、ですとか使い物にならない大量の産業廃棄物と売却が可能な金属類を抱き合わせで1トン1円で売却するとか・・・・・・・きりが無いですね。

 ↑こういうのが、まかり通っている所が廃棄物処理法の弱いところでザル法とも言われる訳なのです。


時に、皆さんの家庭から出たゴミ(一般廃棄物)は誰に処分責任があるかご存知かしら?
これは皆さんではなくて原則では自治体(市町村)にありと廃棄物処理法第6条にあります。
ま、私たち自身でゴミを適正に処分は出来ませんから、ある意味当然なのでしょうが、何か不思議ですね。


さてシンシアさんの記事は他にも非常に興味深く読むことが出来ます。
ぜひ一度見てみてくださいね。
(グーグルで検索すれば、すぐに出てきます)


今日はブログタイトル通り、環境問題をブッタ斬ったかしら・・・・・・・



ではまた・・・・・・




人気ブログランキングへ
  ↑
楽しんできただけましたらランキングをクリックお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。