いずみの環境問題ブッタ斬り

イズミの日々のイトナミや企業における環境活動の実態、法令規格解釈等についてブッタ斬りマス! 皆さん!ぜひ楽しんでイッテね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて・・・・私がこれまで行ってきたお仕事についてお話します。

以前は、ある会社(企業という規模です)に勤めていました。
<まぁ、オシゴト厳しくて辞めチャッタんですけどねぇ>

そのときに行っていたオシゴトは「廃棄物処理法」に関することです。


廃棄物処理法・・・・知らないヨって!
普通の人は知りませんよね。

廃棄物処理法は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」といいまして
家庭から出るゴミや企業から出るゴミについて、その処分責任や処分方法を定めた法律なのです。

私・・・・・お仕事の関係もあり、この法律メチャ詳しいんです。
会社の中で、各事業所がゴミ(産業廃棄物)を排出する際に守らなければならない法的要求事項を指導及び書類作成とかしていたのです。


だいたい会社というのは、どこでもゴミは出ます。
でも会社から出るゴミはその排出した会社自身が責任を持って処分しなければならないのです。

でも会社本人はゴミの処分なんて出来ませんので、他人(他の会社)に処分を委託するわけです。

このとき、会社が出すゴミを「産業廃棄物」といいまして、廃棄物処理法の中では相当厳格に処分に関する決め事が定められています。
この産業廃棄物を運ぶ会社を「収集運搬業者」、処分する会社を「処分業者」なんて言い方をするのですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・つまらないですね。





また次回にご期待あれ!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。